IMG_8069-2.jpg

 白黒の猫のポン・プルクワです。

 さいきんのあたしが思うことは、ふたつあって、ひとつは床暖って素敵ということ。あたしのトイレ型ニューハウスはプラチック製なのだけれど、床が薄いためか、床暖のぬくさがプラチック製の家の中もいい具合にぬくくしてくれるのである。この冬は、ぬくさに関してはすこぶる快適に過ごすことができた。肉球がひやっとすることがあまりなかった。しかし、あたしのダイニングは、写真のこのごちゃごちゃしたくねくね(飼い主)の部屋のほうにあって、こっちには床暖がない。そのあたりが、ちょっと残念というかホスピタリティというものが欠けているかなぁと思わなくもないが、昼寝をしているあいだなどは申し分ない。雨の日も雪の日も床はぬくかった。ニャーベル賞とうものがあったならば、床暖を作った人に授与したい。

 もうひとつ思うことは、すごおく寂しいということである。ばっちばちに寂しい。うちの人たち(ふたりいる)は、あまり外出することなくうちにいることが多いので、彼らに対して寂しく思うことはあまりない。誰に対して寂しいかというと息子に対してである。息子は2年くらいまえに死んだ。いや悲しい話ではない。実際に猫は、悲しいという感情についてはうまいこと理解できない。しかし日が経つにつれて、不思議と寂しいという思いはつのりつのって、どんとあたしの思考の隣に居座るくらいになっていった。そういうことに自分でも驚いた。



 あたしは、自分が生まれてからけっこう早めに息子を産んだのだけれど、産んでからずっと15年くらい一緒に生きてきた。そして夏だろうと冬だろうと息子はあたしにくっついて眠るのが好きだった。ときどき暑かったり、重かったりして煩わしく思うことも少なくなかったが、それが日常というかあたりまえに存在していた。ぬくもりと重さと気配である。外で暮らす猫の寿命より三倍くらいの長さをあたしは息子にくっつかれながら過ごしてきたことになる。それがなくなってしまったということに、意外なほどあたしは寂しく思っている。その寂しさは先にも述べたが、日に日に増していて、ここ最近になってやっと落ち着いてきたところである。



 寂しくなると、あたしは子猫みたいな鳴いてぬくもりを持つものに向かってその寂寥を訴える。人がうちの中にいるとくねくねかちょろ(くねくねの伴侶)が、ばたばたとあたしの居るところに来て、首や耳の後ろを撫でたり、掻いたり、側でじっとしたりしてくれる。すぐに彼らは去ってしまうが、あたしの寂寥は、吐いたあとの毛玉みたいにころっと身体から出て一度消える。ありがたいと言えば、ありがたい。しかし人がいないと、あたしの訴えは、うちのなかの空中に浮かんで、しだいに消えてしまう。うちにはわんこたちもいるので、あたしの鳴き声を彼らが聞くこともあるが、だれもあたしのそばまで寄ってきてはくれない。どうにも寂しいときは、あたしからわんこのいるわんこ家に潜り込んでいくのだが、彼らは逃げてしまう。結果、わんこのぬくもりと匂いのあるわんこ家の中であたしはひとり眠ることになる。それでも少しは寂しさが紛れる。

 日常になったぬくもりというものは、奪われるとこれほどの寂しさに取って代わられるのかという驚きを、あたしはこのほど感じ続けてきた。あたしは眠るとき、くねくねの脇に潜り込んで眠るのだが、そのとき少しだけ、くねくねが死んでしまったら、さらに寂しい気持ちになるかもしれないからそれは嫌だなぁと思うことがある。そして同時に、今ここにぬくもりがあることにとても安心もする。

 生き物に体温がある意味を、こうしてあたしは最近よくわかってきた。そして、寂しいと思えることが、息子が生きてきた意味にもなる気がして、悪くはないと思っている。

P



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2017.04.06 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
IMG_0603.jpg

 高貴な猫、ポン・プルクワです。

 しばらくブロゴを休んでいたのだけれど、ここ最近、あー歳とってきたなーと思うことしきりなので、いつ死ぬかもわからないし、老猫の日々思うこと・感じることを開陳して世に向けて綴っても良いのではないだらうか、とふつふつと思いはじめたので、一念発起して、ブロゴを再開しようと思った。というのもフェイシャルブック(あたしはフェイシャルブックをやっている)をみていても、死んじゃった猫を悲しむ話をときどき見受けるのだけれど、さて人に一生の全部やほとんどを愛されて生きてきた猫は、愛されたまま一生を終えるというのは、さほど悪いことではないというようなことを、猫の口から(正確には肉球から)伝えておいても良いかもしれないとも思ったからでもある。


 とか、やや理念をもって再開するかみたいな口上を述べたが、書くことはしごくささやかすぎるほどささやかなことばかりとなるだろうと思う。例えば、「歯が抜けた」とか。



 そう。歯が抜けた。ブロゴを休んでいるあいだに、けっこう抜けた。3本?くらい抜けたように思う。抜けて食べてもうてしもた。美味しくはなかったが、食べたからには抜けても損はしていないような気もする。収支プラマイゼロやないかなと。あたしも、「きれいね、わかいわいねー、このあいだヤンジャンの表紙に載ってなかった? 見た気がするー」とかよく客人たちに言われるのだけれど、言っても齢18である。人ならいくつくらいなのかしら。黒木瞳さんくらいだらうか。歯の抜けた黒木瞳さん。というのが、だいたい今のあたしである。




 そして相変わらず丁稚のわんこ2頭と暮らしている。流石に慣れた。コミュニケーションはうまいこと取れないものの、このように(上の写真)共存はしている。ちなみにこの狭小ハウスはわんこ用のものであるが、あたしは自由に使うことを許されている。あたしが高貴で偉いから。しかし偉いあたしのごはんを写真の左で凹んでいるわんこ「もも」は、すぐに盗み喰らう。疾風の如くあたしのダイニングに突進してきて貪り食べ尽くしていく。これは思うに教育の問題だらう。あたしは慌てずにおかわりをもらって事なきを得ている。洗練されたリアクションじゃないかと自負している。




 他にも多々書き連ねたいことがあるのだけれど、ひさびさにキーボードを打ったせいかもう肉球が痛い。なので、小出しにちょこちょこ書いていこうと思う。どうぞおつきあいくださいませ。よしなに。

P



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2017.03.30 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
IMG_6428.jpg

 マコーレー・カルキンか。

 「ポンちゃん、死んじゃったの?」と尋ねられたという話を最近耳にする。居間のほうで人ふたりがそんな会話をしていることがあるのである。それを聞く度にあたしはいつも思うのがさきのマコーレー・カルキンかよ!という内心つっこみである。死んだふりしてライブやってやろうか。いや、あたしはそもそもライブをしない。バンドもない。玄関からちょっと外にも出て行きたない。ウルティメイト引きこもりを自認している。猫だから。家猫だから。現在のうちに来てからもうたぶん7年くらい経つ(人注:1年半くらい)。犬はいるもののすっかり住み慣れて快適である。人同士によるいさかいもない。ときどき地獄(人注:動物病院)に連れて行かれるが、近所なのか移動時間が短くて助かる。「地獄が近くて助かるわ−」というのも変な話ではある。しかし車での移動もなく地獄タイムがその分短くて助かる。まあそんなわけで死んではない。死んでいるかもと言われるのは、すっかりあたしがブロゴを書いていないからである。フェイシャルブックもほとんど開いていない。


 人の言葉を遣わないでしばし過ごしてみようと思ったのが、きっかけである。本も出した。息子にも先立たれた。犬2頭と同居する奇異な現状にもいる。ここらでちょっとのんびり猫として過ごしてみようと思ったのである。断りもなく勝手に申し訳なくもあるが。

 結果。まず肉球が柔らかくなった。キーボードを打たない肉球はぷにぷにになる。それから肩こりが治った。一方で腰痛が増した。これは地獄で鬼(人注:動物病院の先生)が言っていたが、歳のよるものらしい。パソコンやニャイホンを使わなくなったせいか眼精疲労も減った。睡眠が深くなった。日々の変化がなくなったためかぼんやりすことが多くなった。少し前までは犬たちが登って来られない場所がお気に入りだったのだが、ここ最近カメラ型のにゃんハウスを建設してもらった。派手なうちで、楳図かずおさんのように近隣から苦情が来るのではないかとやや警戒したが、立地が居間ということもあり、近隣は家族しかいないので苦情はなかった。穴がいくつかある家で、それでいて暗くて、犬も入ってこないので、快適である。最初は爪とぎしか中にはいっていなかったが、最近はタオルをひいてくれるようなった。そこで過ごすことが多い。ようはものすごく地味な生活になったとも言える。


 息子が死んでしまったことにもようやく慣れてきた。もう少し気にしないで生きてけるかもと思っていたが、ずっとくっついて眠るということをし続けてきたため、ほぼあたしの身体と言っても良い存在になっていたようである。ツヨシレベルで正直しんどかった。しかしまあ時間のおかげや新築のカメラハウスやなんやらのおかげで元気になれた。

 そんなわけで、あんまりなんの変化もなく、のんびりとポン・プルクワは生きている。ひさびさにキーボードをいじってみたが、すごく疲れる。ためしに音声入力機能を使ってみたが、もちろん機能しなかった。技術はまだまだあたしに追いついてくれない。純粋猫的生活も堪能できたので、そろそろときどき徒然に、人の言葉で思うところのものを書き散らしてみたいと思う。今日ごろごろ。



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

[ 2016.07.17 | 猫日記 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
IMG_0648.jpg


猫のポン・プルクワです。
くねくねとちょろと丁稚のわんこ2つと暮らしています。
猫、ポン・プルクワへの連絡はponyan@graphic57.com。


最近はさもいこともあって、陽の光が貴重である。居間のほうが暖かいので、ヒト以外のみんなが集まる。ぽかぽかで、みんなの匂いと息をする音が聞こえて、不思議と落ち着く。うちにはわんこが二頭いる。1頭は、もも。もう1頭は、ぞぞ。もも(写真であたしの横で寝ているほう)は、自分が注目されないとぎゃんぎゃん騒ぐわがままレディであったが、最近怒られることも多く、それでいてすごく愛されていて(悪いことをしていないときに、いっぱい「大好きだよ」と言って撫でられる)、なんだか満足しはじめたらしく、自分だけが注目されなくても騒がなくなってきた。 ぞぞは、ちょうびびりで時計の針の音にも驚くようなわんこだったのけれど、こちらも寵愛を受け続けているうちにだんだんびびらなくなってきた。前はすぐに西野カナレベルで震えていたのに、今ではめっきり震えなくなった。そうして短い寿命のあたしたちは、長い時間をかけて少しずつ距離が縮まりつつある。その御蔭もあって、こうして小さな日向スポットをみんなで共有できるようになった。

 一方、ヒトはというと、くねくねとちょろは喧嘩することなく仲良くしている。くねくねの気分にはむらがあって、ときどき暗いとぐろ巻きな気配をまとっている。それは夢も関係しているようで、彼は寝ている間、いつも幸せではなくなっている。あたしはくねくねに寄り添って生きているので、彼が元気でなくなるとあたしも元気ではなくなる。だから元気でいてほしく思う。

 なんというか、ときどきしんどいながらも、あたしのうちは夜も雨の日も、この写真の日向の中のように、みんなで寄り添ってぽかぽかである。温かいということは、ほんとうに素敵なことである。






あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


[ 2015.11.04 | 猫日記 | コメント: 1 | PageTop↑ ]
IMG_0638.jpg



猫のポン・プルクワです。
くねくねとちょろと丁稚のわんこ2つと暮らしています。
猫、ポン・プルクワへの連絡はponyan@graphic57.com。


空いた穴にむりやり何を詰めて埋めようとするほどに、あたしの寂しさはこの秋マッドマックスである。

 常時、誰かとくっついていることが当たり前だった息子の存命時代は、外派の猫の平均寿命3頭ぶんであった。すっかりさもい季節になっていて、最近言及にしていたと思うが、とうとう禁断のわんこ接触を試みるようになるに至っている。もうわんこ臭ですら、落ち着く体たらくなのである。ヒトはやっぱりヒトで立って動くので、彼らが寝ているときとか座っているときとかくらいにしかくっつくことができない。そしてなかなか寝ない。昼にちょっとと夜にいっぱい寝る以外は起きている。種の違いの溝は、望んでも埋まらない。が一方で、犬はだいぶ寝る。あたしレベルで眠る。ちょっとガサツで、吠えて、匂いがきつくて、足音がうるさくて、外出するほどブレイブで、等々の気になるところは取れそうで取れないカサブタレベルであるけれど、手頃なサイズ、そしてよく眠る。くっつくには悪くない。

 こんなふうにして、息子のサイズの心の穴に、ぜんぜん形の違うわんこの体温を注ぎ込もうと試みちゅうの、あたしくポン・プルクワである。

 季節のせいか、寂寥のせいか、今あたしはだいぶ落ち着かない心持ちで、そわそわしている。江頭レベルで、プルプルするほど落ち着きが無い。遊んで身体をいっぱい動かしてようやく落ち着く具合である。最近おもちゃで遊ぶ機会が増えたので、あたしの動体視力は強化されてきていて、白いふあふあしたおもちゃターゲットが止まって見えたことがあった。

 「とうとうあたしも長嶋やイチローレベルに到達してしまったのか?」

 と、ダッシュしながら思ったのだが、ターゲットの白いふあふあは実際に止まっていただけだった。くねくねが仕事に戻ってしまって、白ふあを放置してどっか行ってしまっていたのだ。あたしの自分への驚きは無駄なものであった。なんし、絶賛活動的なのである。目黒地獄の鬼先生から、あまり太らない病気だと診断されたので、ごはんが食べ放題の最近なので、運動もちょっとしてもいいかな、と思い始めていた矢先なので、悪くない兆候である。

 この調子で、あたしはわんこにくっつく事を試みつつ、身体も動かし、なんなら長嶋レベルの動体視力を身につけ、次なるステージ(どこだろ?)を目指さかと思っている。


 が、しかし、今日は雨。のんびりと眠ることにする。かしこ。


あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


[ 2015.11.02 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]