FC2ブログ
222
2019.02.22
IMG_2711.jpg


猫のポンです。

人間界では
本日は、にゃんにゃんにゃん(2.22)ということで
「猫の日」だそうだ。

そうなると、
1.11は、
わんわんわんの日なのだろうか。

(調べてみる)

おしい。
11月1日であった。

めでたい生き物である。

さぞかし
たっぽりと
あたしに時間とエネルギーを
注いでくれる日になるかと思ったが
まったくいつもどおりである。

もうのぼったひも
かたむきかけてきているのに。
ノーサプライズのけはい。
ラジオヘッドか。

ぽくぽくのようきが
せめてものすくい。

せむかたなしなので
すうどくとかやってすごしましたよ。
そしてとけなかった。
むだにじゅみょうをつかってしまった。

きたいはつねに
しつぼうをうむ

だれのことばだっただろうか。

あたしのことばである。
いまの。

とはいえである。

あたたかいいえに
よべばくる家人たち。
かれらとさきほど
ひるねをした。

くねくね(オスの人)は
さいきんはだかでねむる。

毛がなくてきもちがわるいが
あたたかいし、においはすきである。

人はふかくねむると
からだがぐっとふかくしずむ。
いきもののけはいが少しへるのである。
ちょっとだけしょくぶつみたくなる。

猫のあたしは
かれらみたいにふかくは眠らない。
わんこたちは、そのちゅうかんみたいで
あたしよりはふかくねむるが
においやけはいですぐにおきる。

家人のうちでも
ちょろ(メスの人)は
ひかくてきすぐにおきる。
あたしら寄りである。

かつてはむすこがいたが
他界したので
わがやは、かれをさしひいた
5頭のいきものがくらしている。

みんなではいた息を
しょくぶつがすうっているそうである。

こと二酸化炭素と酸素にかんしては
すくなくとも
もちつもたれるがなりたっている。

エコシステム。

嗚呼、このまま
猫の日がおわってしまうのだろうか。
ずっとそいねされながら、なでられたい。

なむさん。

P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
いんすたにゅにゃむ: ponne_pourquoi
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2019.02.22 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
IMG_4365-2.jpg



ポンです。
猫です。

あたたかくなってきましたな。

けふなんて
かぜがつよくて
そとでぐるぐるとおとがして
まどが不安がっておるようすである。

あたしもいっときは
そとでくらしていたものの
かこすぎて
ほとんど思い出せないので
外で暮らす猫たちのようすは
たくましくない想像力をつかって
思い描くほかない。

ひげ、揺れるんだろうなぁと
風で。

ホコリがつらいんじゃないかなあ
風で。

カリカリふっとんじゃなうじゃないかなー
風で。

とこんなあんばいだが、
そとでくらすとなると
カリカリが支給されるとも
かぎらないのよね、きっと。

大変だなぁ。

しかし
ほんらい、あたしたち
いきものは
屋外でむばっていきる
いきものなのよね。

いやー
「ほんらい」って
過酷やね。

あたしは、
ちょっと「ほんらい」は
えんりょうしようと思う。

のんびり
おくないで暮らし続けたい。


あたしは
なかなかとしをとったせいか
夜中にやっぱり
急にざわつくことがあるのだけれど
さくばんもそうなってしまって

それで
ちょっと鳴いたら
ちょろ(メスのほうの人)
がむくりとおきて
あたしをなでに来た。

よくできたこだなぁと
さいきんかぶをあげている。

いっぽうくねくね(オスのほうの人)は
ぐっすり眠って、いびきまでかいていた。

かぶをさげている。

18年もつれそってきた
くねくねであるが、
さいきんのかれの
かぶは下落のいっとを
たどっている。

なむさん。




P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
いんすたにゅにゃむ: ponne_pourquoi
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2019.02.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
IMG_2365-2.jpg


ポン・プルクワという名を付けられた
白黒の猫です。

最近、どうも
刺激がないと老化が進むとかなんとかで
飼い主のくねくねが
あたしに刺激を与えようとする。

実際、どういうことをするのかといえば

気が狂ったふりをする

•外国人を連れてくる

•夜中に急にテレビがつく仕掛けをする

•「実家に帰る」と連れ合いに語る演技をする

•トイレから「卵が出た!」という言って騒いで出てくる

等である。


どれひとつとっても
はた迷惑以外の何物でもない。

ステレス指数は
だだ上がりである。

よって、
たぶんあたしのガンの進行も
すごく進んでいると思うし、
彼が懸念する老化のあゆみを
ゆうに越えている気がする。

けだし

かるい虐待

である。


こういうのは
どこに訴えたら
いいのだろうか。

ちょっと調べてみたが

東京都動物愛護相談センター

というところが見つかった。

世田谷区にあるようである。

電話しても、
もちろんらちがあかないので
メールで連絡をいれようか。

しかし、
とりあってくれる
ような状況ではないきもする。


家人のたわむれレベルとして
扱われることだろう。

だが
あたしにとっては
けっこうなストレスである。

ノイズキャンセリング機能のついた
ヘッドホンの購入も検討したい。

あたしのことをおもんばかっての
ことであろうが
そういうのがいちばん
困る。

外国人はべつに困らないのだけれど
奇異なる行動は、どきっとするのである。

とりあえずは
家の中にある家、
ハウスインダハウスが
3棟あるので
それらの中に入って
やりすごしている。

それにしても
困ったなぁ。

P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
いんすたにゅにゃむ: ponne_pourquoi
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2019.02.20 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
IMG_4155.jpg



よわい19歳の長寿猫、
ポン・プルクワです。

残念ながら
昔のことをちゃんと思い出せないのだけれど

あたし
19歳だそうです。
推定だけれど。

千葉の新浦安という
場所で人に拉致られて
以来、その犯人たる

「くねくね」という
日本人男性45歳と
強制的に同居してきた。

拉致られてすぐに
あたしは出産して
3頭産んで
そのうちの1頭、
(「カント」と人に名付けられた)
とも一緒に暮らした。

その息子も
ずいぶんまえに
死んでしまって
その代わりではないが
いまはわんこ2頭が
一緒にいる。

一緒に暮らし始めてながいので
さすがにわんこたちにも慣れた。

振り返る記憶が
さらさらのさらさーてぃくらいに
なくて、あいまいなかんかくのまま
言うけれど、

選べない同居人が
くねくねで、
たぶん良かったんだろうな
と思う。

たとえば、
わがやのわんこの1頭である、
ゾーイちゃんは、
過酷な環境のなかで
4年間も暮らしていたそうだ。

散歩にいけない
16頭くらいまで
増えた兄弟姉妹で家のなかは
しっちゃかめっちゃかで
そのうえ、同居人は
平和な性格ではなかったそうだ。

そんなこんなで
わがやの仲間入りをしたころ、
ゾーイちゃんは
なかなかがっちりした
トラウマを抱えていらっしゃった。

われわれ、
犬、猫は
同居する人を選べないので
人によって人生が大きく左右される。

落ち着きのない御仁だが、
それでも、サピエンス全史を読んで
牛や鶏の地獄in地獄のような生涯や
くだんのゾーイちゃんの話などを知ると

ずいぶんと平和な人生だったなぁと
思うにいたる。

わたしは、
いまだいぶ年をとって
あちこちつらいし、
じょうちょもふあんていだけれど

そういうのは、
どうもしかたのないことで
ぜんたいからみると

こうふくである。

死に際や老後は
かなしみやくるしみのけはいが
のーこーだけれど

人生を合計してみると
わるくないきがするから
そういうみかたっていいよね、
って思っている。

そうかんがえると
死に方ではなくって
生き方があたしたちの
せかいをつくっているのね。

あー、もっとちゅーるを食べて
あたしの世界にいろどりをつけたい。



P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
いんすたにゅにゃむ: ponne_pourquoi
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2019.02.19 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
IMG_3917.jpg



うるわしき猫のポン・プルクワです。

昨晩は、夜中にめがさめて
あたしがどうしようもなく
ざわついたきもちのなかにいることに
きがついた。

ふあんでさびしくて
鳴いて助けをもとめた。

あたしはダイニングテーバルにいて
部屋はあおくくらかった。

わんこ二頭も人二人もベッドでねていた。

あたしは、なんども
助けてを呼ぶつもりで
鳴いたら、
ちょろ(二人の人の一人。ややこしな。メスのほう)が
おきてきて、あたしのそばに来た。

あたしたちふたりは
ソフアにいどうして
しばらくいっしょにすごした。

ちょろは、
あたしをずっとなでていたが
あたしのざわざわしたかんじは
きえることはなかった。

それでも
すこしずつおちついたきもちになってきた。

あたしが
あんしんしきった
きもちにならないのは、

あたしとちょろは
べつだからだ。

あたしはあたしで
ちょろはちょろである。

あたしのざわざわしたうちがわは
あたしがないほうしていて
ちょろのやさしいては
そのそとがわをなでてくれるのだけれど
べつなのだ。

それがしずまるのは
なかの水のようなものが
ぱちゃばちゃいってゆれているところを
そっと手を添えて
ゆれるのをおさめてくれるからだ。

あたしは、
じぶんのうちがわにある
ばちゃばちゃしたみなものようなものを
ながめながら、

ムーミン一家が
あたらしいすむ場所をもとめて
うみに船出するはなしを思い出した。

新天地についてなお
おちつかないし、
天気はいつもけんのんだ。

あたしはなんとなく
きがついたのだけれど

この暗い気配は、
せかいに殻があるようなかんかくは、
ざわざわしたきもち、つまり
みなものをゆらす正体は、

孤独

というものだということを。

いままで、そんなものを
きちんとかんじたことなどなかった。

それが孤独だとわかると
とたんにあきらめみたいなものがわいた。


それならしょうがないか、

と。

あたしには、
そしてたぶん他のどうぶつたちにも
みらいというものがほとんどない。

過去も気配みたいなもので
あたまのなかにばりっと鎮座ドープしているのは
いまだけである。

それが、ひとと関わっていることもあってか
すこし変わってきていて
いや、人とのかかわりだけではなくて
あたしがながく生きていることと
それから老化していることも
あるだろう。

あたしは、
ざわざわしながら
年をとって
べつのせかいを
もつ生き物にかわってきているのだろう。

進化ともいえるかもしれないし、
たんに老化といっておわるかもしれない。

ただね
よなかに鳴いても
だれもなでてくれないということもあるわけである。

たといあたしは、
いぜんとして孤独でも
ざわざわしていても

至福を
たらふく感じている。


P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
いんすたにゅにゃむ: ponne_pourquoi
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2019.02.18 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]