20180113-IMG_2710.jpg

猫のポン・プルクワです。


いんこう矢の如し、と言われるように
ときのながれがはやい。
としをとると時間のながれはかそくするそうですな。
アイーンシュタインというひとが時間は個人的なものである、
といっていたそうだが、なるほどこれが
それかしら。

あたしの時間はいま、すごくはやい。
ちょうしょくごに、まどろんでいると
もうゆうがたである。

これでは、あたしはまるで
食べて寝てをくりかえしているだけの
いきものみたいではないか。

じっさいそうか。

ならばべつに良い。

さて、その忙しい「ごはん」と「だみん」のループのあいだに
ほんのひととき、意識があるじかんがあって、そういうときに
あたしは移動する。

AちてんからBちてんへ。

ベッドからダンニングチッキンのチェアへ。

くねくねの仕事へやにある、あたし専用の
ダンボールのうえへ。

はたまた廊下探索も行う。

よわい20近くにして
さいきん冒険にめざめたあたしは、
和泉雅子を目指したく思い始めている。
まずは寒冷地でも耐えうるための
脂肪をたくわえねばならぬそうである。
ごはんをもっとたべないといけない。

廊下探索では、
あたしの住むうちのベロアは、
だいたいせいはした。
奥側にあるへこみのおく、てまえにあるへこみのおく、
それからベレメーターとよばれる
ギロチン装置の存在も確認ずみである。

うちの外は、
風とみしらぬ匂いに満ちている。

もうすこし脂肪をつけたら、
かいだんを1ベロアぶん、おりてみようと思う。

どんな発見があるだろうか、
こうごきげんである!


P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.05.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
20180214-IMG_4007.jpg

猫のポン・プルクワです。

さいきん、探検がマイブーム。


玄関のドアがあいたら外に出るのである。


うちのそとはマンションの廊下になっている。

すぐ左には、ベレメーターがある。

はさまると死ぬ。

おくのほうには、他のうちの玄関がある。

右手には、階段。

上にも下にも行ける。

どちらかというと下に行きたい。

外に出る、というチャレンジにきょうみがあるからである。


あたしももう18歳なのだそうで、

死も遠からずである。

冒険にはちょうど良い年頃のはずである。


廊下には大きな壁があるので、

空はちらっとしか見えない。

しかし外のにおいがぶわっとする。

風にはいきおいがある。


冒険の季節である。


 



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
--------------------------------------------------------------------------------------------------
[ 2018.04.26 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
はるがきた
2018.04.10
20180303-IMG_2830.jpg

猫のポン・プルクワです。

さいきんはたいちょうが良い。

たいちょうが良い、ということはリーダーシップが良いということか。

ほぼ日のところのブイヨンというわんこが死んでしまった。
まあ死なないひともねこもいぬもいないから、いつか死ぬといえば死ぬ。

あたしもずいぶんとしをとったから、今までいきてきた日々より
これから生きる日々のほうがみじかいはずである。

しかしそれでも春がきたみたいであたたかい。
それは良いことである。

あったかいのでさいきんはマンションのそとのろうかに出て
探検をしている。

いまのところ、このフロアは開拓した。
もっか、1つしたのみちのりょういきを攻めていきたいと計画中である。
よわい18(らしい)にして、にゃん生初の「家の外」冒険である。

目標は、マンションの外である。
地球で言えば、海のむこうぐらいのはてだろうか。

くねくね(かいぬし気取り)と同居してから、まだ外の床を歩いたことがない。

あたしの時代が来たことを感じる。



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.04.10 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
20180214-IMG_3986.jpg


猫のポン・プルクワです。

むかしのことをおもいかえすにはきょうはねもすぎ。
きょうはきんじょにある地獄からせんせがうちにきてあたしに針をさしてかえらはった。
さいきんの儀式。
あたしが吐くとくるしくみである。
きのう吐いたからきた。
エヌエイチケーの集金みたいなものかしらん。
テレビを見ると人がくる。
ちがうか。

さいきんは、家人たち玄関にいくたびに「ポンちゃんのうんこデカ!」とくちにする。なんやろな。
デリカツーがないとおもわれる。おんなじこと言われたらいややろうにて。しつこかったらやりかえしてやろ。
くねくねのぬいだパンツうんこくさかったとか。すごくくさかったとかいってやろ。ツイッターとかで。タグ付けして。

それにしてもグーグルホームというやつ、べんりそうやね。
うちもつかってみたい。
「アレクサ、ちゅーる、もってきてあけてちょうだい」
「アレクサ、トイレ掃除して」
「アレクサ、なでて」
「アレクサ、耳の後ろかいて」

べんりそうやないかい。

ところで、
しんかんやないんやけど、あたしの自伝的エッセイ集が、きんじょのマルシェで販売されるそうです。
よろしかったらいってみてください。
https://www.facebook.com/events/162416197721279/


きょうはこのへんで。

P



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2018.02.16 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
20171205-IMG_3747.jpg


猫のポン・プルクワです。

前のブロゴにも書いたが、あたしもずいぶんととしをとった。

しっぽのつけねが痛む。歯は抜ける。すごくお腹がすく。うんこが大きい。寝付きがわるい。などなど、よるとしなみたつみがすごい。

そんなわけで、いつ死ぬかもわからないので、日々の思うところとともににゃんせいをふりかえってみるのも悪くないかもと思う。猫が振り返られるほどにむかしのことをおぼえているのか?とわらわれるやもしれない。これがふしぎなもので、としをとると、さっきまでのことはあまり思いだせないのに、昔のことがすっと思い出せたりする。おっかけていたのが、じぶんのしっぽだったみたいなシステムだろうか。

あたしは、いちど本をしっぱんしていて(その印税で暮らしている)、そこで今までのにゃんせいを振り返ってはいるのだけれど、としをとったいま、あらためて、ふりかえってみると、またちがったふうにみえるかもしれない。

さて、ふりかえってみるまえに、ことわっておきたいが、すんなりおもいだせるといっても、さほど克明ではない。なにせ猫である。あたまの大きさをみてもらえればわかるとおもうが、あたしたちの頭は、ぜんぜん小さくてかわいいのだから、おぼえていられることにも限りがある。そしてたぶんだけれど、人ほど人付きあいをするひつようのないいきものでもある。つまり他の猫との継続的なコミュニケーションという意味だけれど、家に住んでいるので、そもそも他の猫に会うことがない。だから、なにかをちゃんと覚えている必要がない。たとえば誕生日とか。娘さんのなまえとか。だからぼんやりした話にはなると思う。

あたしは、さいしょ、いまの人たちではない、ほかの人といっしょにくらしていた。そして妊娠したら捨てられたのだけれど、するとしばらくして、いまの人に拾われた。捨てられる神がいれば、拾われる神もいる、そういうことだろう。それからはいちども捨てられていない。きっとこれからも捨てられはしない様子である。捨てられないどころか、同居する生き物が増えている。人がひとりと、わんこがふたりである。しかしあたしの息子猫、カントが途中で死んだので、ひとりは減っている。あんまりいろいろ増えるのも困るが、減るのはもっといやなので、ほどほどを望む。

そんなわけであたしはアウトドア生活のけいけんがあるわけである。火はおこせないものの、なんとかいきのびることはできた。しかしさもいよね、そとは。このきせつ。ときどき家人がまどを開けるけど、ぞわっとする冷気がずかずかはいりこんでくる。あんななかでずっと生活するのは、ほんとうに願い下げである。アウトドアでくらしている猫たちは、とってもたくましい。

だからあたしは藤岡弘をテレビでみると、外でくらす猫たちに思いをはせてしまう。自動的に。たいしたものである。


 



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2018.02.08 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]