FC2ブログ
ポンカチ
2011.11.15
ポンカチ

こんにちは。
ポン・プルクワです。

えーーーーー、今日はですね、ポンカチを紹介したいと思います。
えーーーーー、急に商売ッ気を出し始めて、鼻白んみそうになっている方もいらっしゃるかもしれないのですが、
そうではなくてですね、
えーーーーー、世話係のくねくねの仕事がデザインなんちゃら系のなんちゃらで「じゃぐだ」という組織に入っていて、
えーーーーー、その組織が3月の地震と津波の被災地にたいしてデザインで何かできないのか、いやできる、ってことで始めた企画が「やさしいハンケチ展」というものでして、それにくねくねが参加してハンカチをデザインして参加しているということが前置きであります。


ちょっとこの話、疲れたので一瞬違う話しをして、牛乳を濁させてもらえたらと思います。
うちら猫はどうにもこうにも箱というものが好きです。好きと言うか、
「とりあえず入ってみようか?」と思ってしまいます。
本能と言っていいと思うものの、正直どんな本能やねん?と思わなくもないです。
はるか昔から我々の身近には箱がそこらあったのか、もしくは箱的な何かがあったのか、と言えば
ないやろーと思ってしまいます。なんだか情けない話ですが。

ヒトでいうとこういう感覚って近いものがあるのでしょうか。
「とりあえず」といって有名なのはビールなんじゃないかと思いますが、それが一番近いのでしょうか?
いずれにしろ、箱を使った罠など誰も思いつかないでいることを、もしくはたとえ思いついたとして私や息子、それからNyaxi(ソーシャルネットワークサービスのひとつです)で仲良くしてもろてる方々たちの前に仕掛けられることなどないことを願います。

20100907-IMG_7174.jpg



さてポンカチに話を戻します。

その「やさしいハンカチ展」に出品されたハンカチはネットや展示場で販売されます。そして購入された枚数と同じ枚数が被災地の子供の手に渡るのだそうです。だからハンカチは「子供が手にすると元気になるような」をテーマにデザインされたものなのだそうです。

それに対して、くねくねはなぜか私の顔の写真を載せただけのハンカチを出品しました。くねくねが言うには、子供が元気になるのは、綺麗なとか感動するとかおしゃれな、ではなくってよく分からないけれどオカシイものだということでした。彼が出した結論は、私の顔かうんこでした。うんこじゃあれなので、私の顔にしたそうです。
正直不愉快です。

それはともかくそうして私のハンカチ、ポンカチができました。

これ、うれてもうちに儲けははいってきません。でもどうせなら、私のハンカチをいろんなひとが手にして元気になるほうがうれしいので、どんどん売れればいいと思います。興味があるかたはこのブログの右側にリンクがあるのでそこから特設サイトへ行ってみてください。

なにとぞ。


ちょっとここでポンカチの使い方をちょっとご紹介しておきます。うちが使うわけではありませんが、ヒトはこんな風につこうていました。

20111012-_MG_3422.jpg
うしろに居るのはビヤン・ネートルというケーキ屋のさゆりです。こないだ誕生日だったそうです。その日、うちにちょっと来てました。


20111012-_MG_3443.jpg
これは私とポンカチを巻いたおでこです。
目やにはフォトショップでけしておいてと言っておいたのですが消されていません。

どうもながなりましたが、ポンカチと私を今後共よろしくお願いします。
ではでは、このへんで筆をおかせてもらって、晩ご飯のおかわりをそろそろ催促しに行ってまいります。
失礼します。


[ 2011.11.15 | 猫日記 | コメント: 2 | PageTop↑ ]