FC2ブログ
20111221-_MG_6789.jpg



どうも、ポン・ルメット・プルクワです。

ルメットは嘘。ミドルネームってどんな感じだろうかと思い、遣ってみた。ちなみにルメットは映画『12人の怒れる男たち』の監督シドニー・ルメットから拝借した。この映画をDVDで先日観た。面白くて最後まで見てしまった。陪審員8番がかっこええ。『ファンタスティック MR.FOX』といい、最近はなかなか面白い映画を観ることができている。



20101104-IMG_8077.jpg



そういえば、息子はまったく映画を観ない。

本も読まない。漫画は『ドカベン』だけはけっこう熱心に読んでいた。殿馬に心酔していた様子だった。クールに難しいことをやってのけるところが良いのだそうだ。無い物ねだりとはよく言ったものだ。私も粗野な野性味が欲しいもの。それに、もう少しがさつで細かいことを気にしないようになりたい。繊細すぎるのもストレスが多くて困る。



20101003-IMG_7622.jpg



そういえば、バランタインデーという記念日だったそうで。この日がどういう日か知らないままなのだけれど、なぜかプレゼントをいただいた。「バランタインなのでどうぞ」と書き添えて、大阪にいらっしゃるお二方より、私と息子の生き甲斐のひとつと言っても良い、逸品な食事レトロトが送られてきた。お陰で昨日はひとり一袋(普段は二人で一袋)、それも二回も夕食前に出してもらった。ありがたい話しである。お礼に少なくとも一筆したためるべきだろう。


遠くにいる、まだ会ったこともない、それも別の種類の生き物へ、お手間をかけての贈呈。なかなか出来ることではない。ましてや猫には無理。なので、お礼の一筆も同居しているヒトたちにやってもらおうか。


それにしてもバランタインデーとはなんぞ。ここはひとつ調べないと粗相すらしかねない。するとまたGoogleに、確認すらせず否定されてしまった。バランタインではなく、バレンタインだった。以前は「バレンタインデーでは?」という控えめなサジェスチョンがあったものだが、今回はそんなことすら省いて「(ため息)もうバレンタインデーで調べた結果しか出してまへんけど」という感じだった。検索エンジンというは斯様に態度が悪くなっていくものなのだろうか。すると「検索エンジン最適化」というのは、このように態度が悪化しかねない検索エンジンさんと仲良くしていくその方法なのだろうか。「部下の心をつかむ掌握術108つ」みたいな感じの処世術のひとつなのだろうか。


それはともかく「バレンタインデー」で勝手に検索されて出てきたのは、「国生さゆりが“バレンタインデー婚”歌いながらキスしました!」だった。これ以上調べる気も失せてしまったので、赤瀬川原平の『路上観察学入門』でも読もうと思う。




[ 2012.02.16 | 猫日記 | コメント: 3 | PageTop↑ ]