FC2ブログ
[


ポン・プルクワです。

ときどき息子がいなかったら、私の日々はどんな様子になっているのだろうか、と考えて見ることがある。朝起きて、クネクネにご飯を催促して、ご飯を食べたら口の周りを掃除して、クネクネが寝ていたら添い寝して、いなければ窓辺で日が昇るを待ち、昇れば日向ぼっこをして、目が覚めたら少し遊んだり毛繕いをしたりして、また寝て、夕食を食べて、(うちのなかを)散歩してから、また眠る。今と変わりない気がする。することは変わらないけれど、何かが足りない気がする。答えは簡単で、息子だ。

息子がいることで私が得ているものは、形も無いし言葉にしづらい。ただ不在を想像するとなんだか気持ちがざわざわする。私はざわざわは好きではない。息子がいることで私のなかでざわざわは発生しにくくなっている。だから私は息子がいないのは嫌だ。

たまにイライラして噛んだりして申し訳なく思わなくもないが、息子が大事だということと、噛む噛まないは別の問題なので、やっぱり息子は大切な存在だなと思ったところで、イライラしたら噛むだろう。


そんなものだ。私は私の衝動を抑制などしたくないもの。


でも、やっぱりちょっとごめん。



[ 2012.03.07 | 猫日記 | コメント: 2 | PageTop↑ ]