FC2ブログ
_MG_7888.jpg


どうも、ポン・プルクワです。


ビタミンって、なんだろうって思ったきっかけがあってそれについて語りたいのだけれど、その前にまずビタミンとは何か、私が知ったことをまとめておきたい。自分が混乱するから。


しかし調べるたびによく分からない言葉が出てくるから、ちょっとした迷宮に入ってしまって、自分が何を調べていたのか、何を知りたかったのか、何がしたかったのか、今日が何月何日なのか、自分が誰なのか、自由って何なのか、青春ってワンツースリージャンプなのか、ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワンでいいのか、ナンバーツーじゃだめなのか……といろいろよくわからなくなってくる。


ビタミンとはタンパク質、炭水化物、脂質以外の生育に必要な栄養素のことを言うのだとか。その栄養素の中でも有機化合物がビタミンで、無機物はミネラルなんだとか。「生育に必要な栄養素」なので、これは生物によってことなるとのこと。ふむふむ。ビタミンCは人間にとってはビタミンだけれど、その他の多くの生物にとってはビタミンではないらしい。ウィキペディアによると。ふむふむ。


ここまで知ると今度は、有機化合物って何だろうか、と知りたくなる。こっからがやばい。炭素を含む化合物なんだけれど、じゃあ炭素を含んでいれば全部有機化合物かというとそうじゃなくって単純なのは違うという。複雑なのは有機化合物で単純なのは無機化合物になるらしい。一酸化炭素とか二酸化炭素は単純な方で無機化合物。でもどこから単純で、どこから複雑になるのだろうか。それと化合物ってなんだろうか。……と、先に述べたように斯様にして小さな迷宮に思考はするりと入り込んでしまう。


なので今日はこのへんで調べるのをやめる。


どうして私が急にビタミンに興味を持ったのかというと猫について調べてみると毛づくろいにはビタミン摂取の機能があるということを知って驚いたからだ。私、そんな凄いことをしていたのか、と。やると気持ちいいし、しないと落ち着かないから、何の気なしにしていたこの毛づくろい。この行為には、体温調節からビタミン摂取、気分を落ち着ける効果まであったのだ。最初と最後のはまあ言われてみればなるほどそうよね、と腑に落ちるものだが、ビタミンまで摂取していたのかぁぁ?!っと驚いたのだ。というか、そもそもビタミンってなんやねん?!と。


それで調べてみた。


毛づくろいで摂取できるビタミンはビタミンDといって、ぼっこ(あ、日向ぼっこ)して作られるらしい。ビタミンDというは、(やばいよ、すごいへんな単語が出てくるよ)コレカルシフェロールとエルゴカルシフェロールの総称なのだとか。エルゴカルシフェロールは植物に存在するエルゴステロールから作られ、コレカルシフェロールは、猫やヒトなどの生物の皮膚に存在している7-デヒドロコレステロールから作られるんだとか。コピペしないで打つのは大変な単語が並ぶので、以降略したい。ビタミンDはコレカルとエルゴカルの総称で、コレカルはデヒドロから作られ、エルゴカルはエルゴから作られる。……略してもよくわからない。もう植物のことは忘れよう。


兎に角、私たち猫は(ヒトも?)、日向ぼっこすることで、コレカルというビタミンDを作っている。それを舐めて摂取している。ということだ。ヒトは舐めへんか。なんし、ぼっこってすげーし、毛づくろいサイコーだということだ。


そんなん、うち知らんかったわぁ、と思って。


知ると知らんではけっこう大違いだと再認識した。今日から気合を入れて日向ぼっこをする。
それにしても化合物ってなんだろう。



[ 2012.03.20 | 猫日記 | コメント: 1 | PageTop↑ ]