FC2ブログ
_MG_6493.jpg


PP。

ここだけの話みたいなていで話すほうがしっくりくるのだろうから、そう思われそうな写真を選んだ。

「奥さん、うちの飼い主(気取り)のヒトたち、別れちゃったんですって」

ということらしい。オデコ(女のほう)がいない。聞けば、家出したという。出家じゃなくてまだ良かったとは思ったが、考えてみれば私にとっては同じようなものかしれない。別れる、別れない、付き合う、付き合わない、の差が猫の私にはあくまでバーチャルにしかわからない。息子の父であろう猫の姿など、正直な話みじんも思い出せないでいる。もしリチャード・ギアだったら、どうしよう。映画を観ながら、「息子よ、じつはあの『ハーチー』と言っている外人さん、あなたの息子なの。ごめんね、今まで、黙ってて」。



_MG_6484-2.jpg

「え………ヒトなの?」

そんなわけないか。ヒトなわけない。猫だ。いろいろと間違えた。やり直すには間違えすぎだ。それに息子的には、海賊王を目指しているなんちゃら関係のなんちゃらなのよ、というたぐいのことを言ってあげるととても喜ぶであろう。いっぽうでより馬鹿っぽくなってしまうことも容易に想像できてしまう。今でさえ、毎日スタンドを出す練習をしているのだから。話を戻さないと教育の話になりそうだ。尾木ママにまで話が及ぶことであろう。なんだっけ。そうだ、クネクネとオデコが別れた、という話だ。


私の手記によれば、クネクネが誰かと別れるのは何回目かである。「私の手記によれば」まで書いたときには、ちゃんと数えようと思ったのだが、最近歳のせいか肉球が少し乾いていてノートブックをめくるのがしんどく、それに数えることにそれほど意味がないように思えてきたので、適当にしてしまった。

いずれにしろ、いろいろと寂しいところなのであろうが、息子はまだよく気づいていない。ママチャリでうちの前の通りを横切る警察官を怪しむことで忙しいのだ。「監視されている」と言っている。私も私で便秘で辛いことが多く、寂しいとかまだよく分からないでいる。ではクネクネはどうかと言えば、さきほどキッチンで踊っていたから元気なのであろう。いろいろと大変なのであろうが、私にはあまりどうすることもできない話である。



_MG_6485.jpg

少しは理解したいので、男女の別れる別れない、付き合う付き合わないという話をてっとりばやく理解した気になれる本や映画はないだろうか。うちの中で一番それっぽい本は漫画だが岡崎京子の『恋とはどういうものかしら?』だったが、ぜんぜん読む気が湧かず、結局『蒼天航路』を手にとってしまった。そもそも恋愛などする生き物って人間だけなのではないか。そういえばミミズって男になったり女になったりする生き物なのでしょう。ラディカルな生き物だ。悩みとか恋愛とか人生とは何かとか、人間って要は暇なのね。いろいろと面倒だったり辛かったら、忙しく生きればいいのではないだろうか。


ところで私は三国志の中では郭嘉が好きである。かっこいいよね。


[ 2012.06.09 | 猫日記 | コメント: 1 | PageTop↑ ]