FC2ブログ
_MG_8096.jpg

ポン・プルクワです。
まだ夏ではなく、梅雨の最中だと聞いているが、実際は夏である。日向は少し暑い。写真では息子はテーブルの下にいるが、最近の息子のお気に入りスポットは、おでこが使っていたデスクにおいてある椅子の上である。息子が先に使うようになって、私もそう言われみればナイススポットやん!ということで最近使い始めた。静かで暑くない。懐かしのおでこ。おでこ臭がまだまだ残っている。しかし、こうかいてみるとあだ名が「おでこ」だから「おでこ臭」なんて気軽に書けるが、あだ名「わきあせ」だったり「やりいか」だったり「にんにく」であれば、こうは気軽に書けないのだろうな、と無駄に考えてしまった。そもそも「わきあせ」なんてあだ名はあまりよろしくない気がする。

それにしてもヒトは良く汗をかく。私たちは汗をかかないので、汗をかくという感覚がもちろんではあるが、今ひとつ良くわからない。よだれを垂らすのに似ている、ということもおそらく無いのだろう。意図に関係なくかいてしまう、そういうもののはずだ。寝ている、くねくねの背中でうたた寝をしているとときどきくねくねの背中がじっとりと濡れてくることがある。「ん? 私なにかしら粗相をいたしたか?」と一瞬思ったが、いや思いはしなかったが、あれが汗なのだろう。「光る汗」「ちび散る汗」という表現を目にすることもあるから、もっと液体化することだって頻繁にあるはずである。英語で言えば、スエットである。スエットシャツというのは……、ポロシャツがポロというスポーツをするためのシャツであることから推測すれば、汗をかくためのシャツであろう。きっと通気性が悪いはずである。もうびちゃびちゃに汗をかいてしまうシャツであろう。

と思ったが、検索していみるとトレーナーのことらしく、汗をかいても身体を冷やさないですむようなシャツなのだとか。さすれば、アンチ・スエット・シャツだとかスエットレス?シャツだとかそういう名前になるのではないだろうか。たぶん面倒くさかったのであろう。「汗のなんちゃらなんちゃらなんちゃらなシャツ」の最初と最後だけとって名前にしたのだろう。



では、ポカリスエットはどんな飲み物なんだろうか……。ポカリさんの汗を集めて作った飲みものかとちょっと思ったが、まさかまさかまさか。オフィシャルサイトをみてみたが、汗を使っているとは書かれていないが、かと言ってどういう成分なのかもわからなかった。私たちが体内から出す液体は、よだれと尿くらいなものなので、そのどちらかの名前がついた食べ物や飲み物があると想像してみれば、ポカリスエットに対峙するヒトの感覚をある程度想像できるであろうか。たとえば、


尿シーバよだれ風味レトロト。


ないよね、これは。
しかしうちでポカリスエットを見かけることがあるが、ほとんどがくねくねかおでこが風邪をひいて寝込んでいるときだった。だから薬みたいなものだろうか。



_MG_8120.jpg

また猫による猫っぽいはなしとはだいぶ程遠い内容になってしまった。明日こそは、猫による猫っぽい猫ブログになるような内容にしたい。古い爪を剥がすのって気持ちいよね!だとかお腹って触られるといらっとくること多くない?だとか、後頭部が痒いときに感じる絶望にちかい諦めってあるよねーだとか。

最近、ほんとくだらないことしか書いていないきがする。重い話とか書こうか。



[ 2012.07.09 | 猫日記 | コメント: 2 | PageTop↑ ]