_MG_8316.jpg


さいきんちょっと身体が重い気がする。エアコンのせいかしら。ベッドに登るのもしんどい。夏バテかしら。猫界の吉高由里子ことポン・プルクワです。





_MG_8320.jpg


さいきんちょっと夜遊びをしていない。わたしももう年かしら。昔はヴェルファーレで朝までシャンパンを浴びるように飲んで、ところかまわず毛玉を吐いたものだった、ってそっちの夜遊びじゃなくて、走る、怒る、そしてまた走る、という猫の夜遊びである。

私ども猫はヒトのいうところの夜行性である。本来。そのためのこの夜闇に負けない輝く大きな瞳を持っている。そしてこの美貌。知性。瞬時に判断できる冷静さ。率先して問題を解決していくリーダーシップ。初めて会うやつでも、こちらから心を開いて受けれるフレンドシップ。今のところあんまり観たいと思わない映画『バトルシップ』。瞳以外、ぜーんぶ夜行性に関係ないし、最後のちょっとひどかった。なんし私は夜行性。息子と良く、追いかけ、追いかけられ、ふーっと言っては部屋中駆けまわったものだった。それが最近はぜんぜんそんな夜遊びをしていない。あたいも若いころはむちゃしたもんさ。それが今じゃてっぺんまえにおねんねさ。ヒトがその時間に寝るからつられて眠るのよ。ニコ動じゃあるまいしね、すぐつられちゃうのよ、あたい。





_MG_8323.jpg


だって、だるいじゃん。走るのとか。おもちゃとか楽しいけど、基本向こうから触れる範囲にくるのを待つ系である。家宝だってネズミだってアメンボウだって、だいたい待つ。寝て待つ。落ち着いているのだ。ただご飯だけは待たない。待つ意味が無い。食べるの大好き。

ん? そのせいかしら。さいきん、身体が重いのは。




[ 2012.07.20 | 猫日記 | コメント: 3 | PageTop↑ ]