FC2ブログ
_MG_0525.jpg

ポン・プルクワ。

さもい。

「さもいかさもくないか、さあ、どっち!?」

「さもい」

「正解すれば、いままで獲得してきた賞金総額1000万円があなたの手に! もし間違えれば1円も入って来ません。むしろお帰り頂く交通費を思えばマイナスでしょう。さあ、それでも答えは変わりませんか? ファイナルアンサー?」

「はい。さもいです」

「50/50とかつかわなくても大丈夫ですか?」

「はい。ぞぞってするかんじで、さもいです」

「わかりました! ではこたえは……」



このあと、3分くらいためられても、こたえは変わらず、今日はさもい。

でも、さもいのがきらいかといえば、あったかいところがあるからそうでもない。ちょっとタオルがよごれてきて不満はあるがホカペ最高である。今朝はちょっとゲロロって吐いちゃってね、それをもったいないから食べようと思ったら片付けられたのが、悔しかったです。って思うけど、それでもそんなことにおかまいなくホカペ最高である。だれが作ったんだろう? まず電気に感謝。電気ってどこかにいるなら、手紙くらい出さないといけないか、もしくは街を歩いていて(歩くことはないけど)、テレビのインタビューとかあったら、答えた直後くらいに「電気さん、みてるー? いつもありがとう!」って言わないいけないかなーって思う。しかし電気さんだけでできる偉業ではない。ホカペさんあってのこの温もりと快適さである。ホカペさんを作ってくれはったかたにも感謝である。仏壇とかそういううちのなかにおくヒトの気持ちが少しわかる。わたしは電気さんとホカペさんを作った方さんのなにかを部屋において、1日に一度は今日もおおきに、と手を合わせ(るのは難しいけど、きぶんとしてはは合わせ)たい。


冬だけの話だけど。


今日は雨だと聞く。曇より雨は良い。イサギが良いし。本とか読みたくなるし。今日は何読もうか。電気の本とかあったら読みたい。

ではまた。


[ 2012.11.23 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]