FC2ブログ
しっこした
2013.10.03
1003.jpg


しんど。ちょーしんど。しっこしは老猫にはこたえるわぁ。
猫のポン・プルクワです。おおきに。

しっこししました。じっさい。

広くなって、日当たりも良くなった。リクエストどおりの部屋である。しかし何もない。何もなさすぎて心配。隠れる場所もないし、テレビもねぇ。ラジオもねぇ。レーザーディスクはなにものだ?(ユーチューブで知った、うた。)
しかしあれだ、窓が透明である。外が見えるのはいい。ヒトがゴミのようにみえる。嘘である。そこまで小さくは見えない。正直言うとそんなに良くは見えない。あたしら猫、そんなに目が良くない。でも高くなった。地面が下にある。あとはとにかくなんにもない。ベッドはどうしたのか? Macはどうしたのか? 売り払ったのか? 謎である。じっさいに、くねくねは昨日床に寝ていた。寒かったので、息子も私もくねくねに乗っかって寝た。難破した船の破片の上に避難したみたいにくねくねに乗って寝た。波はくねくねの寝返りだ。寝返りさせないために、あたしたちはどっしりと体重をかけて寝た。ので、寝返りをしようとするができないでいたようだった。その度に「ううぅん」と小さく呻いていた。

あたしら、もし口をきけるなら、我が家のように「させねーよ」とつぶやいたことだろう。

冒頭でも言ったが、しかしまあしんどい。正直しんどい。落ち着かない。ドラマのLOSTのシーズン最後のエピソードを観た後みたいに胸がざわざわする。「おわりやないんかーい!」というイライラに近い。ぜんぜん近くない。落ち着かないってことしか共通点がない。

少しずつ慣れればいいんだけれど。



[ 2013.10.03 | 猫日記 | コメント: 2 | PageTop↑ ]