_MG_4735.jpg

(ΦωΦ)です。

痩せへん。

ジョギングもはじめた。ロンドンなんちゃらの金髪が出ているジョギング番組だって2分くらいは観るようにしている。ストレッチとか見るが、身体の形が違うので参考にぜんぜんならない。が、ジョギングをする!というモチベーションにしたいのだ。そんなわけで一番気がのる、夜中に息子とジョギングを始めるのだが、怒られる。

痩せろ、というくせにあたしのスポーツを禁止するとは、またラグのうえにしっことかうんことかしてやろうか。まあ、怒られても気にしないでがしがし走る。が、結果、たくましい脚になった。が、痩せへん。ジョギングはダイエットには効果的じゃないのかもしれない。しかしご飯は出るものを食べるだけである。たまに吐く息子のご飯をかたしてやるくらいはするものの。なので、ぜんぶくねくねが悪い。もっと医者に怒られればいい。

走っても痩せない気配をかんがみて、新しいダイエットをこのさい考案して、本を書いて売れっ子ねこになりたいと思う。お昼寝ダイエットなんてどうだろう。お昼寝にしてどうしてやせられるのか。その辺は、出版社の方にお願いしたい。上手いことそんな感じの先生みつけてそれっぽい理屈をこさえて欲しい。そしてである。あたしのかわいい寝顔を載せる。そして気がつけば理想のスタイル(無理だったときはフォトショというものを使って加工する)になったあたしのすがたを表紙と巻末のほうに載せる。

行ける。

気がする。がいけない気もする。しかしまあ、これ以上痩せないと、時期に断食させられかねない。太ったまま餓死したらどうしよう。そういえば、おでこ(以前まで、あたしたちと一緒に住んでいたおでこの広い女のヒト)が、あたしのお腹をみて、夢がいっぱい詰まっているね、と言っていたことがあった。

もしかしたら、あたしは太っているわけではないのかもしれない。夢をいっぱい持っている猫なのかもしれない。少しずつ毛玉にして吐いて、夢のおすそ分けをしたい。

が、あたしが吐く毛玉は、いつも片付けられて捨てられる。

夢を捨てるなんて、良くない大人の好例じゃないかしら。



[ 2013.10.22 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]