ねこである
2014.01.15
_MG_7194.jpg

見てのとおり猫です。
猫だという証拠に好きな食べ物は、ささみです。
ぜんぜん証拠にならないか。
猫だという証拠にうんこには砂をかけます。
砂をほるのは、だんだんたのしくなるんだけど、ほっているうちに違ううんこがでてくると、だいぶ萎える。新鮮なトイレがいい。無きところにうんこを埋めてやるわ! という小さな高まりを消化したいの。
おしっこも気持ちがいいよね。したーって思う。おしっこ、ありがとう! なんて感謝の気持ちもこめて砂をかけてる部分はあるよね。うそ。ないわ。そんなん。でも、いやー気持ちよかった、と思いながらはかけている。

どう?

あ、やっぱ猫か! って思った。

それでもよく、というか頻繁に猫じゃないんでしょ? ヒトが書いているんでしょ? ぷふー猫のふりしちゃって。がんば! みたいなことを言われたり、思われているという話を聞く。そもそもキーボードとか打てるわけないじゃんと。そんなん夏目漱石の我輩なんてペンでしょ? ペンもってあんなたらたらした長文かけるどこにおんねん! ぼけ! に比べたら、キーボードなんてけっこうありえるやないかい。マウスだけはだいぶ不便だからパットを使っているの。じゃあ、動画アップしてよ? って言われることもあるけど、ぶすくない? いや、無粋じゃない? ぜったい見せないわ。見せたくないから、こうしてがんばって猫である証明ができないか検討している。

後なんだろう。

爪は研ぐよ? 自分ら、研がないでしょ? 爪。うちらは研ぐよ。やるぜ! ってときに研ぐよ。たまに爪の表面が剥がれるんだけど、ちょっと気持ちいいよ? とれかかりのときときは気持ち悪くって、噛んで取るのよ。

ま、こんなとこかしら。

猫なんでそろそろまた寝まーす。


あ、ニャとかつける? 語尾に。



[ 2014.01.15 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]