こころみ
2015.10.22
IMG_0590-2.jpg



猫のポン・プルクワです。
くねくねとちょろと丁稚のわんこ2つと暮らしています。
猫、ポン・プルクワへの連絡はponyan@graphic57.com。


 最近、ずいぶんと寂しさを感じる。さもくなってきたせいだろうか。自分以外の生きものの温かさのが良い。 安心する。

 そんなわけで、くねくねやちょろにくっついていたのだけれど、彼らは動く。寝ているときにしかくっついていられない。のこる生きものは、わんこたちくらいだが、わんこにくっついてみたことがない。抵抗を感じる。中間地点をとって、あたしは最近わんこルームで昼寝をすることにした。わんこの気配はあるが、当人たちがいない。暗くて狭い。新鮮であり、ながらぬくもりがないものの、気配はあって、落ち着く。ちょっとした冒険である。結果、最近のブームスポットである。

 わんこルームはふたつある。うちにいるぞぞとももというわんこそれぞれにルームがあるのだが、そのどちらも試してみたが、具合が良い。ときどき、ぞぞが、うんこをルームに持ち帰ることがあって、そうなると使えたものではないが、うんこハンターたち(ヒトふたり)が、すぐに気づいて撤去してくれて、ルームのなかのマットも洗ってくれるので、そういうトラブルもすぐに解決する。

 こんな風にして、身体をわんこの気配に、あたしは今ならしはじめている。そのうち、くっつくこともできるのではないだろうか。来るべき冬に備えて、くっつける生きものを増やしておこうという、あたしの先取の気性に我ながら、驚く。白洲次郎か!? 次郎はオスだから、白洲正子か。

 ずいぶん猫としては歳を取ってきたわけだが、ここにきて更に状況に応じて進化していくあたし自身に、カリスマ性を感じないでいられない。たいしたものである。

 
 フェイシャルブックをみると、他のうちの写真を拝見する。すると猫が何頭もいるうちがある。それを見ると息子を思い出す。息子がいたときには、くっつく生きものの温かさに困ることはなかった。彼の寝息を懐かしく思う。が、彼の不在が今、あたしは未開の生きものであった、わんこへの接近という試みをさせるに至っている。

 生きているというのは、なかなかどうしておもしろい。できるだけ生きていたいものである。






あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


[ 2015.10.22 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]