IMG_9926.jpg


猫のポン・プルクワです。
くねくねとちょろと丁稚のわんこ2つと暮らしています。


飽食。

最近は、いつものカリカリでは満足できなくなってきた。
あたしも歳である。死期もそれほど遠くない。贅沢が許される頃合いかと思われる。
そんなわけで、家人により芳醇なあじわいのある食事を提供するように強く訴えている。
そんなわけでメインデッシュ(一日たった2回)は、朝と夕方にあるのだが、そのときは、レトロトか缶詰のカリカリ添えが出される。
レトロトも味わいがコロコロかわるようになってきた。いわゆる「日替わり」というものである。良いことだ。
そのあいだにもあたしは、お腹が空くのだが、間食もグレードをあげてもらうことにした。シーバである。噛むとなかから旨味らしきものが、じゅんじゅわーっと出てくる。いままでのカリカリは一体なんだったのか?というほど旨い。しかしその以前からずっと出されてきているカリカリも未だに出される。なんでもあたしの身体のためだという。これを食べないと便秘になってしまうのだとか。しかし、人の文明はすごく発達しているはずだ。便秘にならずに、それでいて美味しいものをもっと探して提供していただきたい。

しかし便秘は恐ろしい。以前、ある地獄(動物病院)では、お尻に何かつっこまれてあたしの固くなりすぎたババをひっこぬかれたことがあった。歯が抜けるほど痛かったことを記憶している。あれは嫌だ。そんなわけで、なくなく普通のカリカリも食べている。

いっぽうで、煮干しはもう食べにくくてそそらないのである。噛むのが苦手になってきた。加えて、家人たちの食事のご相伴を預かるために、家人用のテーブルに登るのもこれまたしんどいのである。エレベーターのようなものが欲しい。検索してみると「エレベーターテーブル」というものを見つけた。しかしどうもあたしの求めるものではないようだった。かつおぶしもどうにももう飽きたというか食べにくくて嫌気がさしてしまった。口のなかの上のほうにくっつくし、食べにくい。

飽食である。

食べること以外にさほど楽しみがないのであるが、食べ物にも飽きてしまうとなると、これはもう悟りを開く以外にせんかたなしである。
ゲームでもしてみようか。でもたぶん目に悪いんだろうなぁと思うと惹かれない。

暇である。

そんなわけでただただ眠っている。今日は雨が降っているのだけれど、雨が降っていると寝ていることがしっくりきて良い。低気圧、なかなか良い働きをしてくれて、眠気がいっそう強くなる。

何か、こうこの老猫の楽しみになるようなものを見つけないと溶けてしまいそうな気がする。



 



あたしのエッセイ集です。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------


[ 2017.06.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]