ふでおもし
2018.07.06

20180522-IMG_4100-2.jpg

猫のポン・プルクワです。


筆が重い。

というのは、エクスキュースであろうも、
あたしも齢18歳の高齢にゃんこである。
諒とされたい。

とは言え、むしろ
老い先短い年頃なのだから
筆をよく取り、
言いそびれなきように
努めるべき、
とも言えよう。

尻尾をつかって
自分にムチを打って
もう少し頻度高く
ブロゴを書き連ねたい。

気合だ。

気合?
気合ってなんだ。
つい使ってしまったが、
猫には気合という概念は
ないように思う。
あえて言えば、

——爪とぎか——

たぶん、近いんじゃないだろうか。
良し!爪とぎだ!
これならしっくりくる。
「さあて、やるぞ!」という
気持ちを身体を使って表現、
の爪とぎ。

しかし残念。
爪とぎとブロゴは
うまいこと結びつかない。
爪とぎはやっぱりこう
何かを追いかけて捕まえるとか
殺ってやる!的な
檄みたいなものである。

ブロゴはこう……
そうか
——そもそも、猫は基本的にブロゴを書くようにできていない——

ニャクシーをみていても
あたしのようにブロゴを書いている猫、
そうそう居ないものね。

爪とぎをしたところで
ブロゴのために
筆を手に取る勢いには
ならないことを書いてみて
悟ったわけだけれど、
であれば、
しゅうかんにするほかあるまい。

ひんど高く書いて
書くことがトイレにいくみたいに
普通、
にすれば良いのだろう。

しゅうかん文集である。

これでいこう。
 



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.07.06 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]