FC2ブログ
18ねんめ
2019.01.07
IMG_4329.jpg

猫のポン・プルクワです。

もちろん、覚えていないのだけれど、
記録によれば、あたしは2001年9月11日に
現かいぬし気取りの「くねくね」に拉致的に
ひらわれた。


あれは浦安というところで風が強くて
夜にはいつもばんばんという音が空から
なりひびく場所だった。

あれから18年という月日が経ったそうである。
ひらわれたとき、あたしは1年くらいはとしを
とっていたので、今年でよわい19さいになる。

猫としては、けっこう長寿な領域に入っているそうである。

ひごろの行いか。

夜ふじなみたつみには、
かなわないようで、
じわりじわりとからだは
よわってきている。

もう、ばんへいれんの
「ジャンポ」がかかっても
曲にあわせてとびあがる元気はない。

さくねんの秋頃に
がんもせんこくされた。

食欲は、ものわすれの激しい
こどもをお使いに出したみたいに
すぐにもどってくる、ということを
ひねもす繰りかえしてやってくる。

うんこが、
人並みに大きい、
という褒め言葉も
毎日ちょうだいしている
次第である。

こうして書いてみると
わたしは、なんだかんだいって
おおむね元気な気がしてきた。

抜け毛がはげしくなってきて
フォンテーヌに猫にむけた
サーベスがないか検索したりも
しているが(結果:なかった)、
元気な感じである。

あたしは、勉強猫なので
「死」というがいねんは
知っている。

それが、ひびあたしに
寄り添うように近づいてきていることも
なんとなくりかいはしている。

しかし、それでも
やはり猫であるので、
あたしには、未来というがいねんは
きわめて希薄である。

どのように死がちかい猫として
すごしているのかといえば、
エアロスミスをきいている。

ユーチューブで。

クイーンでもハイスタでもなく
エアロスミスである。

人がみなではらった居間で
きいている。

わんこたちは迷惑そうにしているが
かまうことではない。

あたしじしんうるさいなー
と思いながら1きょくだけ
かけている。

なぜエアロスミスかというと
エアロスミスをききながら
ひなたぼっこをすると
ぐあいがいいのである。

いいぐあいに毛がふわふわになる。
ヘアコンディショナーをつかったみたいな
かんじである。

これがていらーすいふとだと
てんでだめである。
毛がぱさつくことこのうえない。

どういうことわりがあっての
ことかりかいできないが、
なにはとおあれ、
ひなたぼっこには、
エアロスミスが一番なのである。

この効果、
多くの猫に伝えたいものである。

1きょくでやめる、というのも
「こつ」のひとつである。
2きょくめいこうになると
あたまがいたくなってくる。

ねこにも頭痛があるのである。

ざっくりいって
あとそんなに長く生きられないはずなのだけれど
平和である。

P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------

[ 2019.01.07 | 猫日記 | コメント: 1 | PageTop↑ ]