FC2ブログ
IMG_4807.jpg

ポン プルクワの飼い主、くねくねです。
みなさん、こんにちは。

ポン プルクワさんは、2019年9月28日の午前11時すぎに、わたしと妻のちょろが見てるなか、ゆっくりと死にました。

去来したのは、ポンちゃんの息子、カントのときと同じで、闘病の末のことなので

「よく頑張ったね、お疲れ様」

という安堵でした。


いくつかお話したいことがあります。

猫と暮らすということ

猫が死ぬということ

生きるということ

18年間

ブロゴを読んでくださったみなさん

あの世などないということ

これから


猫と暮らすということ

18年前の9月11日にわたしは、ポンちゃんを新浦安駅のすぐそばで拾い(ポンちゃんが言うのは拉致し)ました。
猫を飼ったことなどないから、すごい無知から始まって、なかなかリテラシーが上がらないまま数年過ごすことになりました。その点、振り返って思えば、申し訳なく思います。30人以上の人がマンションに集まって騒いで、タバコの煙だらけになったこともあるし、うーんきりがないし開陳すればするほど、わたしの評判が悪くなりそうなので控えますが、いっぱい失敗もしています。

拾ってみたら、妊娠していて意図せずに子猫も育てなきゃいけなくなって、ポンちゃんと息子のカントと暮らしていくことになりました。

幸運にもポンちゃんもカントも長生きしてくれて、それをとてもありがたく思います。存命中概ね健康な2頭でしたし。

さて18年も猫と一緒に暮らしていたら、一家言を持っていてもいいくらいなんですが、特に見当たらないんです。ただ、生活に困っても、生きるのが辛くなっても、「猫を捨てる、諦める」という概念が浮かんだことはありませんでした。

「お金がなくなったら、猫2頭と一緒に代々木公園に住むことになるかも」

なら、何度か考えました(笑)。責任感のつもりもあまり有りませんでした。「猫が死ぬまで一緒に暮らす」は普通のことでした。

その辺は、今猫と暮らしている方にも、これから暮らすかも知れない方にも、そうあれかし、と思うところです。


それと猫と暮らすというのは、面倒なことがいっぱいありますが、「楽しい」ことこの上ない。わたしは、猫がわたしより先に死ぬだろうと想定していたので、後悔しないように、猫が明日にでも死ぬことだってある、と思うように訓練してきました。悲しみの前払い、それも分割、みたいな感じです。

おかげで、「もっとああしてあげていればよかった」なんて湿気た思いが喚起されることなどありませんでした。前払い、お勧めします。

さて、どう面白かったのかというと、恋人や伴侶とはまた別の、自分ではない価値観と暮らすことによって広がる世界に常に触れられるところです。

猫は目が悪いし、赤色もわかりません。群衆性、社会性は犬より低いので表情筋が少なく、何を考えているのか分かりづらいものの、コミュニケートはけっこうできます。頭も意外に良いです。(息子のカントは、請求書を人質にとって朝ごはんを要求したこともあったくらいです。)飼い主が、死ぬほど落ち込んでいても、ご飯は常に要求してきます。具合が悪くなると隠れます。死にそうになっても絶望などせず、1秒でも長く生きようとします。感心します。その他、言葉にならない一切合切を堪能できます。振り返っても満ち足りいました。



猫が死ぬということ

猫や犬が死ぬってことは、わかりきったことなんですが、おんなじことが人間にも自分にも言えて、死ぬからこそ大事なものを大事だと知れ、大事じゃないものにコストがかけられないってことを日々学びました。

妻には何度か言ったことがあるのですが、去られる飼い主側から見れば、寂しさMAXの死別ですが、犬猫からしたら、愛し愛され続けてライフを全うするって、この上ないくらいの幸福だということ。わたし自身もそうありたいものです。だから、死で終わる犬猫のライフが、夭逝じゃないなら、愛されまくって死ぬって、いいライフが良いままに締めくられて、いわゆる「めでたしめでたし」で終わるわけで、それは、不幸というよりは断然の幸福でしょう。

だから、わたしはそんなに悲しくないです。楽しかったなぁという感慨ばかりが湧きます。それではまるで冷血漢じゃないかと思われるかもしれませんが、誇って「大事に一緒に生きてきた」自負を持っています。



生きるということ

ポンちゃんの最後の方の姿をみて、思ったのは、生きる意味など問うことなどない、シンプルな生き物の姿勢から得る思念はひとつで、

「生きるために生きる」

でした。死に際に、大事な人に何か言葉を残すシーンがフィクションにありますが、そんな大事なこと、生きてピンピンしているときにやっときや!と思うわけです。やりたいことは今すぐしたほうが良い。そして人生に、命に、意味なんて特にない。どシンプルに、生きることが目的そのもの。社会貢献とか納税とか関係ない。生きるぜ!ということのみから出発して良いって概念に、進化心理学などその他を学んできた経緯もありますが、ポンちゃんの生き様が最後のひと押しになって、至りました。



18年間

長いのに、上手く振り返れないですね。その暇で、自分の今からしたいこと、妻、犬たちに時間を注ぎたいって思います。そうは言っても、ポンちゃんやカントの感触や気配というのは、随分と身体が覚えています。ポンちゃんが死んだあとも頭を撫でていましたが、死んでもおんなじ感触なんですね。頭蓋の感触、毛の流れ、何千回って撫でたから覚えています。忘れても良いんですけど、それらの記憶を愛おしく思います。



ブロゴを読んでくださったみなさん

決してバズるほど人気を得ることないままでしたが、本までグラフィック社の山本さんという編集者さんのおかげで出版できて、いろいろな書店に本をおいていただき、ポンちゃんやカントのことを知ったり、応援してくれたり、共感してくれたり、ってのは、どうゆう形にすれば、報えるのかわからないのですが、とてもありがたかったです。

ちなみにポンちゃんが新浦安(千葉)出身だったのに、関西弁だったのは、西のほうの出身だった、「おでこ」という同居人の影響でした。ガラが悪いキャラクターも「おでこ」の影響だと思います。

同居していた(いる)人たち、可愛がってくれたみなさん、ポンちゃんを応援してくれたみなさん、出版社の方や、関係者のみなさん、ありがとうございました。



あの世などないということ

優しい方々から、「ポンちゃん今頃、死んだカントに会って仲睦まじくしているんでしょうね」とコメントをいっぱいいただきました。嬉しいんですけど、わたしは、死んだら終わりだと思っています。死んでから補えるチャンスなんて無いんで、今、大事にするしかなって思っています。とまれ、何よりも犬猫妻を優先できるわけじゃないです。それでも後悔しないように仕事やその他を優先しないように勘案して時間って貴重なリソースを使ってきました。

人生って別にすごく貴重なものじゃないですが、死んだら終わりです。だから大事なものは今大事にすべきです。やりたいことは今すぐすべきです。それがくだらないことで構わないので。わたしのなかでは、もうポンちゃんはあの世にも煉獄にもいません。カントにも会えてません。でも、カントが生きている間に、ポンちゃんはすでにいっぱいカントを大事にしていました。それで満点です。わたしもわたしに概ね満点をあげています。



これから

できるだけ、このブログはこのままおいておくつもりです。潮目が変わったら消すことがあるかもしれませんが、しばし残しておきます。


さて、偉そうな言葉も含んでいる気がしますし、ポンちゃんのブログを締めくくるには相応しい自信はありませんが、ポンちゃんと一緒に暮らしてきたくねくねが思うところはこんな按配です。死ぬことを直視しないで、死んでからペットロスになんてなんないでよ、というのがわたしが強く思うところです。友人から「ポンちゃんの死体をSNSにアップする意味がわからない」という連絡ももらいました。わたしの答えは「なんでいけないのかわかんない」でした。凄惨な死体ってわけでもないし、と。わたしもアン・ハサウェイも猫も犬もみんな死にますで。自分も同じように死ぬので、そうそう「自分は死なない存在として先逝く者たちを観るなかれ」と思うのです。

みなさんにも、いつまでポンちゃんのことを忘れないで!なんて思いません。さっさと忘れていいので、思い出す時間でまだ生きている大切な者たちへ愛を注いで欲しいと思います。

でも、とは言え、嗚呼、ポンちゃんと暮らし続けた日々は、宝物です。

くねくね





[ 2019.10.01 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]