にやり
2014.02.21
_MG_9976.jpg


♪にゃんてったってアイドルーあたしはアイドルー

って、猫は歌えへんけど、こんにちは。猫です。猫は歌ったり、笑ったりしません。涙をながすこともありません。
ヒトってすることを多くて忙しそうだ。

猫に限らなけれど、ヒト以外って基本生きること以外は考えないんじゃないだろうか。衝動で産むということはばりばり意識に湧くして、食べる、寝る、産む、そのために生きる! というのが、あたしたちの考えることのすべてだけれど、振り返ってみてみれば、そういうことかと思うも、きほんてきには、あたしは生きることしか、否、したいことしか考えない。さもいときには温かい場所を求め、お腹が空いたら、くねくねを叱責してご飯を出させ、ブラッシングをして欲しい時は、くねくねを叱責してブラッシングをさせ、遊び時にはくねくねを呼びつけて遊ぶ。それのみではある。

引っ越しの際にいつのまにか無くなった猫タワーも手に入れ、日当たりの悪かったうちから日当たりの良いうちに引っ越し、ヒトの来客たちはみな静かである。最近機嫌が良いのでくるヒトくるヒトの膝に乗ってあげている。「きてくれて、まあありがとな」という気持ちを伝えているつもりである。それにあったかいし。

猫は、ヒトが思うほど謎など抱えていないのだけれど、まああると思ってもらっていたほうが人気がでそうだから、謎があると思っておいていただきたい。にゃに考えているかわからないからいいのでしょう。

にやり。




って、笑われへんて。


[ 2014.02.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密