おんがく
2014.06.27
_MG_9957.jpg


猫です。

音楽というものについて、猫はそれほど興味がない。少なくともあたしも息子もそうである。でもときどき感じ入ることがある。それは寂しいときである。嗚呼、寂しい。心がざわざわする。というときがある。あたしは最近いつだってかまってもらえるし、くねくねはいつもうちにいるから呼べば来る。あたしのしてほしいことを探して具合のよいところを撫でたり、掻いてくれたりする。話しかけても来る。それでも、ざわざわした気持ちになることがあるのだ。そうなると自分でも何がしたのだかわからない。そのざわざわした気持ちはきっと寂しいという感情に近いのだろう。

そんなときに寂しい気持ちにぴったりとがっちする音楽が流れていると、ざわざわが静かになっていく。凸な気持ちに凹な雰囲気がかぶさって覆って、ぐらぐらしなくなる。

そんなことをさいきん知った。

それにしても、このざわざわはなんなのだろう。まあいいか。放っておこうか。そんなことよりトイレがちょっときたない。綺麗になれ。



[ 2014.06.27 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密