_MG_2078.jpg


おれ、カント。
ポンちゃんって呼ばれているかあちゃんとヒトのくねくねと三つでくらしている。

今日は日曜日という休み(意味わかんないけど)の日だからおれがかくんだって。だからかくぜ。さいきんのおれのしゅみについてかくぜ。このしゅみはむかし、ぬののかたまりにでんじゅしたことがあったんだけど、ひさしぶりにおれもまたやってみるかなぁとおもってたのしんでいる。どんなしゅみかっていうと、よげんだ。

ヒトはよげんができるのがすくないみたいで、まんがとかみているとみんなよげんできるやつのことをすげーもちあげている。あんなのちょーよゆうなのになんでみんなできないのかふしぎ。ダンジョンとかくらいふしぎ。おれのよげんはヒャクパーセントあたる。かあちゃんもちょっとびびるくらい。たとえばね、「くねくねは、あさになるとおきる!」というよげん。はずれたことがない。またねることもいっぱいあるけどかならずおきる。それとか「いつか雨がふる」というよげん。これもさっそく今日あたった。それとか「そのうちにかならずうちにヒトの客があらわれる」というよげん。これもいつもあたる。ゆうごはんをたべると「外もへやも暗くなる」というよげんもだいたいあたる。このへんはあたりすぎてつまらないよげんね。もっとむずかしいよげんもする。「これからだんだんすずしくなる」というよげん。これはさ、よげんしたことをすっかりわすれたころにあたった。じかんがたつとけっこうわすれっからさ。むずかしいよね。あとねで、「てつのドアから出たくねくねはおなじてつのドアよりふたたびあらわれるべし」というのもあたる。おれはさ、そとにでないけど、でてこのよげんやったらみんなびびるとおもう。みんながみえない未来をおれはしることができるから。

そのほかのしゅみは、あれだな、音探検だなぁ。おれのよげんのひとつ「窓がときどき開かれるであろう」というのがあたるときがある。するとそとからすげーいっぱい音がはいってくるから、その音が何かをさぐる探検ね。いまはそとから「ぎぃぎぃぎぃぎぃ。ぎぃぎぃぎぃぎぃ。ぎぃぎぃ。」って音がするのよ。すずしくなってきてからするようなったんだけど、あれはモンゴルのぶきだね。どういうぶきかというとぎざぎざの棒をつかって鉄のいたをけずるんだ。ぎぃぎぃぎぃって。けずれた鉄は粉になるんだ。粉になった鉄が風でまうんだぜ。そうして敵の目をつぶすんだ。おそろしいだろ。おれはそれを念をつかって粉がうかないで砂になるようにしているんだ。だからヒトのくつのうらにはすながついてるんだぜ。まだモンゴルはこのことにきづいてないんだ。だからずっっとそとでは「ぎぃぎぃぎぃぎぃ」っておとがしている。きっとうでがつかれるだけだとおもう。それからさ、とおくから「むぉーーーん」って音が夜中になるまでひがしのほうからなんどもきこえるんだ。あれは象だね。象専用のスーパーが近所にあるんだ。そこにはナババがいっぱいうっていてそれを買いにくる象たちの声なんだ。むぉーんって音がなるとかならず「つぎはーしんじゅく」とか「はっしゃします」とかいうヒトの声がきこえるんだ。たぶんスーパーが移動しているんだと思う。だから象はすっげーいっぱい移動してナババを買っているんだ。忙しいはずだぜ。はっしゃってのはお前にナババが飛ぶんだぜ。それを拾った象がおまけのナババをゲットしているんだ。そとは危険だぜ。はっしゃしたナババをとろうとする象なんてトラックくらい危険だからな。

肉球いてーからそろそろこのへんにする。おれはおれのよげんをするぜ。「おれはそろそろねむくなる」

あたってるぜ!


--------
母猫のポン・プルクワです。
あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
売上はあたしたちの生活費になる(はず)です。
これで好きなだけ、好きなモノを食べ、新しいおもちゃを不自由なく買うつもりです。
みてみてくだにゃい(こび)。
-------

[ 2014.09.07 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密