_MG_6459_201409300901144a8.jpg


母猫のポン・プルクワです。
息子のカントとヒトの「くねくね」と三にんで暮らしています。


ヒトはでかい。

『進撃の巨人』の広告をテレビで観たが、あれくらいだろうか。でかいよ。寝ているときはちいさい。もう乗れるレベル。息子もよくうつ伏せになっているくねくねの背中に乗ってくつろいでいる。このあいだ、息子はくねくねの背中に乗ったまま、くねくねに「ヴンダー、発進!」と口パクされて、ゆっくり起き上がられていた。が、降りないでいた。くねくねを乗りこなせ、息子よ。と思いながら、寝ていたのだけれど、起きるとやっぱりでかい。

あたしらが、普通に歩いているぶんには、ヒトのすねぐらいまでしかみれない。一人は基本「二本ついの脚」である。あたしらのそばをヒトが歩くとき、びよんびよんと脚が行き交う。ごはんのときには、「こっちやで!」と先導してやろうとするとときどき蹴られる。「ごふっ」ってなる。それに気づいたくねくねは、「わ! ごめん!」と言ってあたしに向かって屈もうとするそのときにもう一歩踏み出した脚で息子を蹴る。「ごふっ」と息子が言う。「お! ふたりともごめん!」とあやまるくねくねに、あたしと息子は

「謝っている暇でしゃっしゃとご飯ださんかい! ぼけ! あし!」という意図で、にゃーにゃー言うと、すこしは理解したのか謝るのをやめてごはんを出す。

ヒトは、屈んだとき、ようやく全体が見られる生き物である。あとは少し離れて見るとか。寝ていると座っているときは、蹴られる危険も、見上げる手間もないので扱いやすい。膝にも背中にも乗れる。だから、もっとヒトはゆっくり寝て、ゆっくり座っていてほしい。

あと、猫タワーから見下ろすと、ヒトでもそんなに大きくもない。猫タワーくらいの高さからみても、虫けらみたいにはみえないが。見上げなくても良いから、タワーは気分がいい。ときどき呼びつける。するとあたしの背中や首を撫でる。やめる。鳴く。再び撫でる。

高いところは気分が良い。だから猫は高いところが好きなのだろう。



↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。


白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


人気ブログランキングへ


[ 2014.09.30 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密