_MG_3987.jpg

母猫のポン・プルクワです。
息子のカントとヒトの「くねくね」と三にんで暮らしています。

猫のSNS(ソーシャルニャットワークサービス)にゃくしーでは、青島以外にも盛り上がっているトピックがいくつかある。そのひとつが、電車移動である。電車に乗って見知らぬ世界にまで行きついた猫がいる、そういう伝説があるのだ。改札で断念する猫はよくいるが、本当に電車に乗ったことがある、とうそぶく猫の噂があるのだ。まあ、眉唾ではあるが、想像してみるだけで、スリル満点というか毛がざわ立つ。

 アウトドア派とインドア派が猫にはいるが、がっちがちのインドア派のあたしには、アウトドアというだけで想像が難しいほどの別世界である。車や自転車、みしらぬヒトビトに、猫喰いばあば、悪魔軍団(保健所)、渋谷地獄(動物病院)、などなどなど。スリルがありすぎである。それに今時分は、ずいぶんとさもそうである。しかし、このさもい外の世界で生き続けている猫がいるなんて、もうその時点で、あたしには伝説を生きる猫、ゼルダの猫、アイ・アム猫、黄金猫。すごい。

なのに、さらに電車に乗る? テリトリーを捨てて、知らない世界に行く? 毛玉を吐きそうになる。書き込み(的なもの)をみると、「楽勝。シート温かい。窓の外が動く。」などあった。まあ、妄想癖のある猫なのかもしれない。しかし、信じる猫たちも少なくない。

乗るわけがないが、「もしも、あたしが電車にのれたなら」と仮定してみて、グーグルで最寄り駅を検索してみた。よよようえはら駅であった。このうちからやく300メートルほど。300メートル!東京ドーム何個分だろうか。ゆうに5つほどはならぶはずである。途方も無い距離。そんな距離を幾多の危険を乗り越えてたどり着けるわけがない。

まったくもって、酔狂なトピックである。

しかし、想像してみるのはなかなか楽しい。



↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
[ 2014.11.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密