IMG_4789.jpg



母猫のポン・プルクワです。
息子のカントとヒトの「くねくね」と三にんで暮らしています。

あけましておめでとうございます。というのでしょ? あけましておめでとうございます。

 しかし、ぜんぜんめでたくない。新年そうそう我が家にはしばらく犬二頭が跋扈していた。かちゃかちゃと下品爪で床を鳴らして右往左往して、ばったばたと尻尾を振り、ヒトベッドに上がってこようとするのである。それを、くねくねもまた良しとしているのである。あたしとしては裏切られた心持ちになるし、心穏やかでは正直なかった。そんな怒涛の三日間が過ぎて、犬二頭は去っていったのだが、まったくもって落ち着かない日々であった。

 しかし、あれである。犬というものを間近で観たことなど、そうそうないのだが、(渋谷地獄ではいつもみかける。が、観察している余裕などない。なにせ地獄である。)なかなか面白いところもあった。ひとつには、犬はすごくヒトに怒られるのである。けっこう手厳しく。「こら!」と何度も聞いた。あたしは、くねくねに怒られることなど滅多にないので、ヒトは犬にはずいぶんと厳しいものであることを知った。もうひとつ犬について知ったことは、陽気であることである。野球で言うと直球しか投げない投手のようで、ものすごく喜ぶ。そしてなんの警戒もなく、あたしたちに近づいてきて、「仲良くする? してみる?」という気配を発散させるのである。あたしや息子の懇親の、いや渾身の「シャー」もまったく無視されるのである。大したものだと感心せざるをえない。

 夜だけ平和になり、みんな一緒にヒトベッドで寝た。

 しかし、堂本剛ではないが、正直しんどい。くねくねの「慣れて」発言も気になる。「引っ越す」という魔の言葉もちらちらと耳にした。今年は、早々から波乱の気配がある。猫にも厄年というのはあるのだろうか。

南無。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


[ 2015.01.05 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密