やね
2015.01.20
IMG_5373.jpg





母猫のポン・プルクワです。
息子のカントとヒトの「くねくね」と「ちょろ」、それからわんこ2つと暮らしています。

息子のカントが元気がないせいか、あたしも今ひとつ元気がでない。ゆっくりと寝て過ごす。

わんことヒトは元気そうである。あたし王国が奪われていくような不安が少し膨れる。ちょろもわんこも新人なのに、元気である。でも元気がないよりは良いか。少々騒がしいし、落ち着かないが、みんなで元気が悪かったら、舟みたいなヒトベッドも沈没してしまうかもしれない。わんこたちとはまだ折り合いがつかないが、ちょろは、落ち着いていて穏やかなので少し気に入りはじめている。一緒に寝るのも慣れてきた。

 あたしたち、ねこは本来言葉でコミュニケーションをとるいきものでは、ない。わんこたちは、あたしたちより積極的にコミュニケーションを取りたがるいきものみたいである。がしかし、言葉は使わない。小さなサインのやりとりはあるけれど。あたしたちは、たぶんわんこたちも含めて、気配でコミュニケーションをとる。嬉しいか、嫌か、寂しいか、等々。怒っているは、伝えるべき状態なので、わかりやすく伝える。が、その他のものは、生きる最低限の状態より、ちょっと上のものだ。あたしたちいきものは、まず生きる、産む、育てる。それを使命みたいに感じている。無意識に。子どもが産めないことがわかって、食べるにも困らない生活になって、あたしは「甘える」ということを堪能してきた。大事にされる、好かれる、意識を向けられる。その喜びを享受してきた。あたしはくねくねから。息子はあたしから。コミュニケーションになんどもほっとしてきた。

 息子の具合の悪さに、ヒトはおそらく悲しむだろう。あたしだってざわざわする。でも気配を察知しあうコミュニケーションをとるあたしたちだから、ヒトが泣いたりすると雨の日の外のような気配になってしまう。あたしたちが雨ならば、ヒトは屋根ある家や葉の茂った木となって、あたしたちを包んで欲しい。

 わんこはうるさすぎるけど、ヒトは元気でいてほしい。そしていっぱいそばにいてほしい。しずかに。

 わんこはうるさいけど。





↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


[ 2015.01.20 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密