FC2ブログ
えたもの
2015.04.21
_MG_4938.jpg



母猫のポン・プルクワです。
息子のカントとヒトの「くねくね」と「ちょろ」、それからわんこ2つと暮らしています。

写真とは便利なものである。昔の光景をありありと観ることができる。この写真はずいぶんと前、たしかおでこと住んでいた頃の写真である。息子がまだ元気な頃の姿である。今の息子はほとんど肉がなく、うごくこともままならないでいる。一緒に寝ていても、骨がごつごつとあたる。眠ることもできずにほぼずっと起きている。目はひらきっぱなしである。

 あたしもいずれこんなふうになることであろう。しかし、先のことは考えても仕方がない。あたしは今のことを考える。今、くねくねにかまってほしいから、くねくねにかまってもらえることばかりを考える。息子のおでこを舐める。丁稚のわんこどもともどう付き合っていくか考えてみる。等々。

 でも。

 息子のぽかぽかした身体が恋しい。あたしは息子が好きである。日に日に痩せていく息子を残念に思う。のだけれど、くねくねがよくちょろにこう言っていることを思い出す。失ったものばかりみてはいけない。失ったものと同時にそれが与えてくれたもののことを考えてみよう。と。あたしのにゃん生は、息子と共にいたことで常に温かいものであった。なんて恵まれていたのだろう。そんなわけで、今日もずっと側にいようと思う。





↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
母猫のポン・プルクワです。
あたしのツイッター: @ponyan01
あたしのフェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi

あたしと息子のグッズを販売しています。
Ponne et Kant Pourquoi
http://ponnestore.com/
-------------------------------------------------


[ 2015.04.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密