FC2ブログ
IMG_4398.jpg


ポン プルクワです。

プルクワとは、フランス語の「どうして?」って
意味なんですって。おくさん。

さて、あたしのガンのチユによって、
家人たちには、

「まあ、もうポンちゃんは大丈夫だろう」

という気配がみうけられる。

こういう油断が、いのちとりなわけである。

しらべると
「油断」とは「油をこぼしたら、殺す」という話からきているのだそうだ。
なんだか、おそろしいはなしだし、らくごの「しにがみ」のさいごをおもいだしもする。

そういえば、せんじつ
細谷功の『具体と抽象』という本を読んだのだけれど、
動物は抽象を理解できないのだそうだ。

チュールは、理解できるが
「おやつ」は、理解できない、ということである。

じつにおもしろい。

もちろん「こうふく」もりかいできない。

そもそもどうぶつだけでなく、
狩猟採集民も「こうふく」とか「ふこう」と「みらい」が
りかいできないそうである。
しかし、かれらのばあいは、
抽象ができないのではなくって、
いらない概念のもちあわせがない、ということらしい。

いずれにしろ、
あたしは、猫なので
抽象ができないはずである。

なのに、抽象している。

こまったことである。

ふたつこまったことがあって、

ひとつは、
猫なのに抽象していて、あたしは
はたして猫なのか?
というぎねんが湧くということである。

もうひとつは、
猫だとしても
(抽象できない)猫のことをあまり
理解できなくなってしまっているのかも?
ということだ。


けつろんは、

「ま、いっか」

である。


抽象できる
まれなねこ
としてアイデンティティを
さいこうちくすることにする。

そんな特異な猫としての
あたしは、さいきんまた
マンシオンの廊下を探検する
趣味をふっかつさせた。

スリルいっぱいである。

帰ってくるとのどがかわくのよ。
きんちょうして。

そうそう、家人たちの油断を
どうたちきろうか、かんがえなくては。

わがやではシーバのカリカリの在庫がなくなっていたりするのだもの。
ひどい。


P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
いんすたにゅにゃむ: ponne_pourquoi
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
------------------------------------------------
[ 2019.04.10 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密