_MG_7697.jpg

猫です。

この写真は前の前のうちの写真だと思う。なつかしい。というかあんまり覚えてない。広かった。日当たりが良かった。おでこがいた。客が多かった。くらいである。って、けっこう覚えていた。思いの外。今のうちもそこそこ広くて日当たりも良いが、おでこはいないし、来客も前より少ない。が、快適といえば快適である。

太陽は、ごはんみたいなものなので、陽に当たらないとちょっと具合が悪くなる。なので、猫としては日当たりは確保したい。おでこがいないと癒やしが少ないが、そこはヒトの都合というものがあろう。諦める。来客は少ないほうがありがたい。静かで助かる。

猫は家になつくというか、どんな猫やねん、と思う。「あのヘーベルハウス、たまらへんねん。のっかって寝たいわー」みたいに思うのか。思わないだろう。が、ちゃんと解釈するとあれでしょ、場所の変化が嫌いということなのでしょう。であれば、そうである。が、好ましくないところから、好ましいところへの変化は良い。嫌なのは、移動する行為そのものと、最初の数日だけである。向井理のうちになら今からでも行ってもいい。

しかしまあヒトの生活というのは変化が多いものである。忙しそうである。あたしらの生活といえば単調で平和である。平和すぎて暇なので、あたしと息子は今、ひそかに漫画を読みたいと思い始めている。が、このうち、探して探して見つけた漫画が『3月のライオン』の9巻だけであった。もう前の話はすっかり忘れたので、ぜんぜん楽しめない。

ま、なんだかだいぶ徒然な話でもうしわけないが、今日は曇りなのである。

眠いの。


[ 2013.10.24 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密