_MG_5677.jpg

日当たりも良くなったし、広くもなった。よくぞ引っ越した。偉いね、くねくねくん。

が、しかしである。猫タワーがない。未だにない。猫は縦に動きたい。犬ころににはできない我々のアイデンティティ。縦移動。登れるのは、この赤い階段くらいである。仕方がないから、登るけど、登ってみて「で?」って思っちゃう。景色が変わるっちゃ変わるけど、「で?」って思う。

かつてうちにあった猫タワーは、4階建てだった。しかも最上階(ペントハウスより上)からは、隣接する本棚の上にも登れたりした。オプションが豊富であった。そしてそうあたしの持ち家もあった。ワンルームながら景色が良かった。ゴミが人のように見える景観。それが今はない。引っ越しをしたら、すぐに再建されるものと思っていた。なんならよりよいものが。それが未だに建設予定なしな様子である。

そんなわけで、あたしは暇をみつけては、この階段に登り、高さを求める無言のシュプレヒコールを行っている。一人ではシュプレヒコールとは言わない? 言う。無言だから。それはまあ良い。

兎に角である。猫タワーを早く建ててくれい。

平屋は猫の好みではないのよ。


[ 2013.11.03 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密