さヴぁ
2013.11.13
_MG_6341.jpg

エヌイーシーオー、猫。猫です。

最近、うちのヒトのご飯に魚が多い。魚ってたまらない。もういてもたってもいられなくなる。この七つの海を渡り歩いてきた(うそ)あたしですら、落ち着きを失う。全力でもらいに行くが、なかなかもらえない。客はいつももう一押しというところまで迫れるのだが、くねくね(飼い主きどり)が、「だめ! ぜったい!」と言って制止する。

いじめか。

逆にくれないことがいじめである。猫いじめである。魚ってたまらない。部屋中が魚の匂いになる。それでいて一口もくれないというのはどういうことだろうか。宗教的な問題だろうか。ひとの3口分は猫にとってディナー程度の量になる。けちけちしないでくれたらいい。しかし「体に悪い」と言われる。でもあたしは知っている。ストレスが身体に及ぼす悪影響を。堺正章がでている番組で観たことがある。あたしが今食べたいのに、部屋中をその匂いがみたしているのに、魚を食べられないでいる巨大なストレスと、魚そのものとどちらがからだに悪いのだろうか。食べられなかったくやしさは夢にまでみるほどである。あたしはあたしの見る夢をそれほど覚えてはいない。が、息子の寝言は聞くことができる。

「いかにゃいで。いかにゃいで。さよならは間違いだよ」

とむにゅむにゅと言っていた。いたいけがなくて思わず涙してしまった。というくだりぜんぶ嘘だが(猫は喋らないし、泣かない)、それくらい食べたかったという話である。その魚の名は、

サヴァ!



[ 2013.11.13 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密