_MG_2040.jpg


♪飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで
♪回って回って回ってまわーーーるぅうぅぅぅぅぅっぅ

ってくらい今日は回った。

赤い紐がちょこまかちょこまかと動くのだ。捕まえてはぎりりっと噛んで、逃してはまた追って捕まえて噛んで。それはもう徹底的にやっつけった。しかしこれがまたタフで捕まえて噛んでもまた動く。動いた動いた。ぐったりである。きっとだいぶ痩せちゃったじゃないだろうか。3キロは痩せたとおもうから、もう今2キロくらいしかないと思う。赤い紐ダイエットである。本を出そうか。あなたも赤い紐を追いかけるだけで激痩せ!ドン引きレベルのダイエットに成功。朝番組のスッキリでも毎週月曜日にポン・プルクワの人生相談キャットタワーというコーナーを担当。悩める人間の相談を研いだ爪でばっさり解決。そんな塩梅で超人気である。でも極楽とんぼの加藤は怖いからスタジオとの絡みはなしの方向で。

こんなに痩せたのにまだご飯が少ない。くねくねのご飯がかりの任を解こうかと本気で思っている。新しいご飯がかりを雇おうかと思っている。くねくねとは長年の付き合いだが、これ以上ご飯をいっぱい出さないようでは困るのだ。ネットを通じてこのあたしの切実な状況を世に広めて助けを請おうかと思っていた。

が、ネットにあたしの写真をのせると「でかい」とか「おおきい」とか「太っている」と書かれる。これは冬だからである。冬になると毛がふわっとするのだ。なかはガリガリなのである。肉襦袢を着ているようなものである。濡れたらわかるとおもうのだが、濡れるのは嫌だ。どうしたら、今あたしが、がりがりであることをみんなに分かってもらえるのだろうか。












思いつかない。


[ 2013.11.28 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密