_MG_7376.jpg

まっこぼっこえあがようやくなおったので、ぶろごがかける。
ぶろごのフェイシャルブックのボタンも押せないのもなおしたいところだ。
が、これもやっぱりヒトにまかせるほかない。
猫がITやパソコンにまで詳しくなったらいけない気がする。

「SEOについてどういう対策をしたらよいですか?」

とか

「グロスハッカーとはなんですか?」

とか

質問がくるようになってはいけないし、わかんない。猫だもの。基本、午前中しかまっこ開かないし。猫は忙しいし。猫は、寝るのに忙しいし、ご飯もさいそくしないとでてこない屋根はあれど、そこそこ過酷な環境のなかで生活しているのだ。ブラシひとつ、遊びもご飯も寒いのも暑いのも、言語の通じない(っていうか、うちらには基本的に言語ないし)ヒトにいちいち身振り手振り(はしないけど。そのくらいのつもり)で伝えないといけない。なでてほしいのに、おもちゃがでてきたり、お腹が減ったのになでられたり。その繰り返しで10年以上である。なにかと忙しいこの身上だ。

まあ、ぼろごがかけないのをいいことにのんびり過ごしたのも事実で、タワーのうえのほうがけっこう暖かいことをこの数日で知った。タワーに登るにはちょっと動線というか登りに行くにくいぶぶんを脚立で補ってもらってから登るのが楽になったので、さらに使い勝手が良い。

最近はで3階の部屋もよく使っている。あたしはここを書斎にしたいと考えているのだが、本を持ってくるすべがないので、休憩室とすることにした。日当たりが良いので、猫草でも育てたいところだが、そのすべがない。買ってくるのを待つばかりであるが、そこはジェスチャーとして隣の木の葉っぱをむしゃむしゃと、たいして食べたくもないのに食べて、「アタシタチ、ハッパ、モトム」と伝えているのだが、未だに通じていない。このぶろごを読むのを待つばかりだ。

そんなこんなでこのタワー、なかなか快適である。なかなかモダンな作りだし、近々『建築雑誌』の取材があるかもしれない気がしている。しかし、施主ではないし、楽天で買ったに過ぎない経緯を鑑みるに、『建築雑誌』の取材はやはりないであろう。しかしアンアンのおしゃれなレイアウト術とかなんとかそんなれでならくるかもしれない。取材にはむかいりがきて欲しい。

にしても、エレベーターつかないかな?

2機ほしい。



[ 2014.01.20 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]

秘密