FC2ブログ
20180522-IMG_4099-2.jpg


猫のポン・プルクワです。


さて、みて!
これ!
ちゃんと続いて書いている、
この実を。

猫の鏡である。

……

鏡ってどういうこと?
鑑か!

グーグル便利。

書いてみてから
つい鏡的な猫を想像してしまった。
液体のターミネーターみたいなやつ。

毛づくろいとか
しがいがなさそうである。

そもそもブロゴを
頑張って書くってことが
猫的に褒められたことでもあるまいし、
猫の鑑というなら、
ひねもす寝て、
ときおり外にでて
屋根の上を歩き、
集会にもしげく参加、
ということになるだろうか。

そもそもあたしは
死んだ息子以外に
猫とを接することなど
なく生きてきたので
猫的な猫生(人生)を
よくしらない。

さて、
にゃにはともあれ、
まずは近況を語りたい。

首のうしろに大きな出来物ができている。
これがとってもとってもなくならない。
これがどうにも不快である。

あたしのみならず、
くねくね(飼い主)も
取りたがる。

取ればとったで
体液で濡れてしまい、
またかさぼたのような
塊ができてしまう。
いたちごっこである。
(いたちをしらないけれど)

それが嫌よね、最近ずっと。

それ以外には、
探検は、休まず
きをみては
敢行している。

だいぶ慣れたものである。
マンションの廊下なら
あたしに任せてもらって
良いくらい精通した。

隣の人たちの傘の匂いも
排水口の匂いも覚えた。

次なるは、
階下であろうか。
想像しただけで興奮する。

とかように
小猫、
元気である。




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.07.10 | 猫日記 | コメント: 2 | PageTop↑ ]
ふでおもし
2018.07.06

20180522-IMG_4100-2.jpg

猫のポン・プルクワです。


筆が重い。

というのは、エクスキュースであろうも、
あたしも齢18歳の高齢にゃんこである。
諒とされたい。

とは言え、むしろ
老い先短い年頃なのだから
筆をよく取り、
言いそびれなきように
努めるべき、
とも言えよう。

尻尾をつかって
自分にムチを打って
もう少し頻度高く
ブロゴを書き連ねたい。

気合だ。

気合?
気合ってなんだ。
つい使ってしまったが、
猫には気合という概念は
ないように思う。
あえて言えば、

——爪とぎか——

たぶん、近いんじゃないだろうか。
良し!爪とぎだ!
これならしっくりくる。
「さあて、やるぞ!」という
気持ちを身体を使って表現、
の爪とぎ。

しかし残念。
爪とぎとブロゴは
うまいこと結びつかない。
爪とぎはやっぱりこう
何かを追いかけて捕まえるとか
殺ってやる!的な
檄みたいなものである。

ブロゴはこう……
そうか
——そもそも、猫は基本的にブロゴを書くようにできていない——

ニャクシーをみていても
あたしのようにブロゴを書いている猫、
そうそう居ないものね。

爪とぎをしたところで
ブロゴのために
筆を手に取る勢いには
ならないことを書いてみて
悟ったわけだけれど、
であれば、
しゅうかんにするほかあるまい。

ひんど高く書いて
書くことがトイレにいくみたいに
普通、
にすれば良いのだろう。

しゅうかん文集である。

これでいこう。
 



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.07.06 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
はりじごく
2018.06.01
20180217-IMG_4012.jpg

猫のポン・プルクワです。


こうかふこうか、
地獄である、どうぶつびょういんが、近所にある。
ちかいからひんぱんにつれていかれる。
それはふこう。

しかしちかいから移動がみじかい。
それはこう。

どちらがおおいということは
つまってみても判然としないのだけれど、
ひんぱんにかよっているためか、
あたしはずいぶんと健康らしい。

青汁もにんにくも食していないが、
そもそも肉食だから、それらは猫の健康には良くないわけだけれど、
元気である。

齢18歳である。

人間で言うと……
田中美佐子と由美かおるのあいだくらいだろうか。


なぜ健康だと断言しているのかというと、
血液検査というものをさせられるわけである。
針を刺される拷問が代償の検査である。
針を指すと健康かどうかわかるそうである。
かわりにあたしも人様たちを噛んでさしあげて
健康かどうかかくにんしてさしあげたいものである。

あたしは猫エイズというものに感染していて
じいじ鬼(以前連れ込まれがちだった地獄の主)からは、
余命10年くらい?とぼんやりいわれていた。
その倍ちかく生きたことになるのか。
予言、外れたわね。


健康でも
地獄行きは心躍らない。
くねくね(飼い主)は、
近所なのをいいことに、
あたしをもう拉致ボックス(剛力彩芽が宣伝されていると噂にきいたことがある)
にいれないで、抱えたまま地獄に行く。

大変おそろしい往路なわけれだけれど、
屋外は新鮮でもある。

さいきんは、みずから
家の外に散策にでるようにしている。

しかし
もっとそとにでるには、
わくちん
というものを受けなくてはいけないそうだ。
かわいいなまえにきこえるが、
要するに、また針なのだそうだ。

地獄は、
かくして
針が大変すきなようだ。

P



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.06.01 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
20180113-IMG_2710.jpg

猫のポン・プルクワです。


いんこう矢の如し、と言われるように
ときのながれがはやい。
としをとると時間のながれはかそくするそうですな。
アイーンシュタインというひとが時間は個人的なものである、
といっていたそうだが、なるほどこれが
それかしら。

あたしの時間はいま、すごくはやい。
ちょうしょくごに、まどろんでいると
もうゆうがたである。

これでは、あたしはまるで
食べて寝てをくりかえしているだけの
いきものみたいではないか。

じっさいそうか。

ならばべつに良い。

さて、その忙しい「ごはん」と「だみん」のループのあいだに
ほんのひととき、意識があるじかんがあって、そういうときに
あたしは移動する。

AちてんからBちてんへ。

ベッドからダンニングチッキンのチェアへ。

くねくねの仕事へやにある、あたし専用の
ダンボールのうえへ。

はたまた廊下探索も行う。

よわい20近くにして
さいきん冒険にめざめたあたしは、
和泉雅子を目指したく思い始めている。
まずは寒冷地でも耐えうるための
脂肪をたくわえねばならぬそうである。
ごはんをもっとたべないといけない。

廊下探索では、
あたしの住むうちのベロアは、
だいたいせいはした。
奥側にあるへこみのおく、てまえにあるへこみのおく、
それからベレメーターとよばれる
ギロチン装置の存在も確認ずみである。

うちの外は、
風とみしらぬ匂いに満ちている。

もうすこし脂肪をつけたら、
かいだんを1ベロアぶん、おりてみようと思う。

どんな発見があるだろうか、
こうごきげんである!


P




あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

-------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
-------------------------------------------------
[ 2018.05.21 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]
20180214-IMG_4007.jpg

猫のポン・プルクワです。

さいきん、探検がマイブーム。


玄関のドアがあいたら外に出るのである。


うちのそとはマンションの廊下になっている。

すぐ左には、ベレメーターがある。

はさまると死ぬ。

おくのほうには、他のうちの玄関がある。

右手には、階段。

上にも下にも行ける。

どちらかというと下に行きたい。

外に出る、というチャレンジにきょうみがあるからである。


あたしももう18歳なのだそうで、

死も遠からずである。

冒険にはちょうど良い年頃のはずである。


廊下には大きな壁があるので、

空はちらっとしか見えない。

しかし外のにおいがぶわっとする。

風にはいきおいがある。


冒険の季節である。


 



あたしのエッセイ集がしっぱんされてます。読んでくれたらごろごろいうほど嬉しいます。




↓これをぽちりすると白黒猫ランキングで1位に近づくそうです。押してほしい。

白黒猫 ブログランキングへ

--------------------------------------------------------------------------------------------------
ツイッター: @ponyan01
フェイシャルブック: https://www.facebook.com/ponne.pourquoi
--------------------------------------------------------------------------------------------------
[ 2018.04.26 | 猫日記 | コメント: 0 | PageTop↑ ]